免疫力
 
 
身体の60~70%くらいが水分といわれてます。
 
 
 
 

 
 
 
 
水は、生きるために欠かせないモノ
 
 
災害時でも真っ先に水を確保するくらい大切なライフライン
 
 
寒い時期は、乾燥肌や静電気でバチッと指が痛かったり、風邪も引きやすくなり、腰痛の悪化もよく耳にします。
 
 
なぜでしょうか・・・
 
 
夏は、気温と発汗もあり水分補給を心がけてる人は多い。
 
 
寒い時期になると「喉も渇かない」ので水分摂取をおろそかにする方って意外とが多い。
 
 
寒い時期に足、、、浮腫やすくなりませんか??
 
 
尚も言いますが、身体って60~70%くらいが水分。
 
 
例えば、激しいスポーツで脱水症状になった場合、疲労と脱水が奏でるハーモニーで痙攣をおこします。
 
 
筋肉は、江頭2:50のように動かず激痛
 
 
免疫にも言えることで、水分が足りていない身体は、血液だってドロドロは誰にでも想像できますね。
 
 
血液循環がうまく行かない→老廃物流れにくい→免疫力が下がる→風邪ひく
 
 
身体に良いとされる食事も大切ですが基本のキである「お水」が大切なんじゃないでしょうか。
 
 
ちまたで溢れている「免疫力を上げる・美腸なんちゃら・代謝UP」など出回ってる多くの情報は、お手軽に~的なモノはで鵜呑みにしない。
 
 
効果なんてどうでも良い、とにかく金払いたいんだよっ!と「気概のある方」にはおすすめ。
 
 
代謝ってそんな簡単に上がるものではありませんし、体内で起こっている化学です。
 
 
本当は、生化学を書きたい…しかし誰も興味のないマニアックな世界ですので止めときます(笑)
 
 
代謝(メチレーション)を学びた人にお勧めな一冊です。
 
 
 
 

 
 
 
 
昨日、届いてルンルンな木村です。

揉んだりほぐしたり…気持ちいいですよね。
 
 
大好き派です。
 
 
マッサージなら3時間揉まれても大丈夫なタイプですし、極力…
 
 
不調が少ない、または回復してきてるお客様には揉みます。
 
 
今日は一つの情報として真剣モード
 
 
マッサージを行うと・・・
 
 
第1段階:脳に今…気持ちいいんですけどぉ~的な電気信号が伝わります。
 
 
第2段階:脳から筋肉にYOU…ほぐれちゃいなYO的な電気信号が送られます。
 
 
第3段階:電気信号を受信した筋肉は、高倉健のように「自分…ほぐれますから」と言いつつコリが消えていく。
 
 
 
 

 
 
 
 
実際は必ず脳が関係して、揉みほぐしたから、解れる訳ではありません。
 
 
結果として、動きづらかった部分が少し動くようになる
 
 
経験されている方も多く、皆さんがご存知の通り、直ぐに戻るんですけどね。
 
 
そして揉まれた刺激で良くなるという錯覚がまた厄介で、その場のスッキリ感と改善は別物と僕は考えてます。
 
 
年単位で、良くなったり悪くなったりを繰り返してる方は、必ず脳と筋肉の伝達回路にショートが起こってます。
 
 
この回線のショート、修復に回数が必要なときも多々あります。
 
 
 
 

 
 
 
 
人の身体は施術したからといって、その場でガラリと変わるわけではなく、時間も必要です。
 
 
身体を知れば知る程、施術後に残ってる症状の違和感だけでは判断できないんです。
 
 
痛み全てが悪いモノではなく、日々、知らず知らずの内にカラダに溜め込んでしまっているシグナルであり、身体からのメッセージ
 
 
まず「知る」ことで解決策は見えてきます。
 
 
原因は意外とシンプルであり、今日中に治る風邪薬よりも…
 
 
 
 

 
 
 
 
何を摂るか?よりも何を摂らないか?そして一番大切なのは「何を食べても排出できる力を身につけること」
 
 
そして、これは本来誰もが持っている自然に備わった力なので難しいことではありません。
 
 
本当に身体のコンデイションを整えたい方と、単純にリラックスしたいかで選ぶ基準が違います。
 
 
これから整体を受けようかな?なんて考えてる方にも選ぶ上で参考になるかと思います。

こんばんは木村です。
 
この時期になると風邪、インフルエンザなど、よく耳にします。
 
かくいう僕も20年程前は年に5~6回は喉の痛みや発熱に襲われてました。
 
生まれ持って扁桃腺が腫れやすく、39度の熱なんて…常連でした。笑
 
最後は扁桃腺の手術を行い、めでたく風邪が引きにくいボディーを手に入れることができましたとさ。
 
そんな経験から、喉の違和感って異常に敏感なんですよね…
 
でも熱が出て辛いような症状は年1あるか?くらいな現在。
 
しかし…
 
つい数日前、久しぶりに喉に違和感を感じ…
 
はい!きたーーーw
 
 

 
 
慌ててビタミンCを「2グラム」、プロテイン「30グラム」を胃にぶち込みましたてぇ。
 
結論、次の日には喉の違和感は消えましたが、風邪と言われる症状には予防も含め、ビタミンCとタンパク質は必須ですよね。
 
ビタミンCは水溶性なんで、摂りすぎても排出されるし、過剰摂取の副作用は下痢くらい。
 
 

 
 
歯に対する副作用の話は置いときます。まぁ酸ですから…ねぇ
 
大切なのは対処じゃなくて予防措置。
 
インフルエンザもウイルス感染。
 
日頃からウィルスに対抗するために必要な物質はインターフェロン(糖タンパク)なんですよね。
 
で、インターフェロンを作るためには、タンパク質とビタミンCが必要になる。
 
東京大学理学部物理学科、同工学部大学院卒で日大、慶大、武蔵大、津田塾大、清泉女子大の教授を歴任され、日本の分子栄養学の礎となった三石 巌先生の本からの引用です。
 
 

 
 
面白いので機会がありましたら是非、ご一読くださいませ。
 
かと言って現代医学を否定する訳ではなく、いいとこ取りは必要ですよね。
 
ちなみに1回のビタミンCの摂取限度は2グラムが目安で、1日の摂取限度は個人差があり、断言できません。
 
各自で挑戦&調整してくださいませ。

こんばんは木村です。
 
 
冬に近づくと空気が乾燥します。
 
 
空咳する方…意外と多いんですよね。
 
 
喘息の方や空咳が多い方は基本、首肩が凝りになりやすいのはセラピストには周知の事実。
 
 
首肩コリが辛いと言われる方に確認は必須ですよね。
 
 
例えば息を吸う・吐く=当然ですが肺が膨らんだり縮んだり動きます。
 
 
肺の動きと同じに、肋骨も開いたり閉じたり動くわけです。
 
 
ここで実験です、誰かに強めにハグしてもらい深呼吸、もしくは水中で深呼吸してみてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
………………………
 
 
………………………
 
 
当然、、、どちらも不可能なんですけどね笑。
 
 
もし、デキた方・・・ギネスに申請してください。
 
 
肋骨が動くためにには色々な「筋肉」が肋骨を縦横に引っ張った縮めたりして初めて呼吸できるんです。
 
 
当然ですが横隔膜も肋骨も一心同体・少女隊。
 
 
一緒に動きますし、誰もが経験する「しゃっくり」も横隔膜の痙攣です。
 
 
僕らセラピストも胸郭(全ての肋骨)の動きは首肩コリに限らず、重要視しますよね。
 
 
連続的に咳き込めば、肋骨に関係する筋肉や内臓は一生懸命に動くわけなので、疲れます。
 
 
いわゆる筋疲労、内蔵疲労。。。
 
 
空気が乾燥すれば咳き込みやすくなりますし、風邪も引きやすい。
 
 
風邪には…
 
 
 
 

 
 
 
 
ですよね。
 
 
風邪引けば、鼻水・鼻詰まりなんかもよくある症状でエラ呼吸できないんで口から呼吸します。
 
 
口から呼吸は咳き込みやすい…
 
 
結果…呼吸器系が弱い方は首肩コリが持続しやすいんですよね。
 
 
私見ですけど、揉んでも揉んでも楽にならない方って内臓系が関係する場合が多いと感じます。
 
 
最近、呼吸器系が原因であろうと考えられる首肩コリのお客様が増えてます。
 
 
掘り下げて原因を探す、基本を怠るべからず。自戒も込めてね。
 
 
しかし、寒い夜だから…。
 
 
 
 

 
 
 
 
TRFが聞きたくなる41才、勘弁してやってください。