最近、あんまりブログを書いてないですね…   そんな、ご指摘をいただきましたので。笑   読んでいただけるだけ、幸せですね本当に。   最近はあまり書いて無かった、カラダのことについて。   自分のカラダにちゃんと向き合いたい方に向けた内容です。   整体なんて揉んでナンボ…とお考えの方には時間の無駄となりますので、画面を閉じてください。笑   ふと、思いました。整体ってカレーと同じなんじゃないか?   ほぐし専門整体から、うちみたいに不調改善専門まで、さまざま   カレーも同じでインド、タイ、ミャンマー、スリランカ、シンガポール、イギリス、ドイツまで多国籍にカレーが存在する。   インド、タイカレー辺りがベタな線でウチ…さしずめドイツカレーくらい、一般的じゃないかも知れませんね。笑   で、話に戻りますが世間でカラダに良いとされる発酵食品。   例えば…   パン、鰹節、イカの塩辛、チーズ、生ハム、ヨーグルト、キムチ、ザーサイ・メンマ、納豆、味噌、醤油 etc…   カラダに良いからって、食べ過ぎにはご注意くださいませ。   善玉菌が増えすぎて、腸内環境のバランスが崩れて調子が悪くなります。   善玉菌も悪玉菌も要は「バランス」です。   筋肉も骨格や内臓から腸内環境まで全てバランスが大切。   同じ筋肉だけ使ってたらアンバランスになりせんか?ずっと変な姿勢でいると歪みますよね?   毎日コンビニ弁当食ってたら、不調になりませんか?   医療機器の進歩で、今まで過敏性腸症候群などと言われてきた症状…   「シーボ=腸内細菌増殖症」という事がわかるようになりました。   今まではストレスで腸が過敏に動いてると言われてきた症状が、実際は菌の増殖が原因だったとか。   今までの非常識が今後の常識となる、良い事例ですね。   それくらい腸内環境は大切で、カラダに酔いとされる発酵食品もほどほどに。   日本でも、まだまだ知られていない「シーボ=腸内細菌増殖症」の方って意外と多いんです。   どうもお腹の調子が優れない、体調が良くならない…   お気軽にご相談ください。原因から調べまっす。   ちなみに栄養吸収のメインは小腸で、吸収した栄養は門脈という血管を通り、肝臓に送られるのでカラダに悪いモノばかり食べてると、酒なんて飲まくても肝臓は疲れます。   肝臓が疲れると右首~右肩のトラブルに…。
こんばんは木村です。   この出だし…   お久しブリーフで、毎日メデイアでも熱中症が騒がれてますね。         最近、施術のの中で非常に多くかんじること…   「砂糖の反応と水分不足」   なんだか馴染み深いフレーズなのに、まだまだ世間に浸透していないんですよね。   水分不足になると、カラダに対してどんな影響が出るんでしょうか。   人間のカラダは60~70%は水分と言われるほど・・・   みずみずしい。笑         ですが水分不足になれば、当然ですがシワシワになっちゃいます。   そして大切なサイクルの「循環と排泄」が滞る。   先日のterakoyaセミナーでも伝えたんですが、水分不足の方の多くは腎臓や大腸の動きが悪くなり、砂糖は膵臓に関係もする。         これが頭に入ってると、その内臓と関係する筋肉や症状と関係性が読めるから効果も出る。   人のカラダは全てつながってるので局所(痛い部分)で施術したって、効果なんて微々たるもの。   特にこの時期は水分補給を怠らず、補給はお水・白湯・麦茶か好ましいく、コーヒー、紅茶、緑茶、その他のお茶類は嗜好品としてなら、良いと思いますね。       砂糖といえば、この時期はやっぱり…アイスクリーム   美味しい時期ですが食べ過ぎはお腹も冷えるし、内臓に炎症がおこりますから、ほどほどに。    
最近、マジ卍な投稿が続いてる木村です。   去る17日の夜、群馬県の高崎市に乗り込みました。         そして高崎ナイト(お酒)を満喫しつつ、気づけば深夜2時を過ぎ…   あ…飲み過ぎたね。我に帰るの巻。   楽しく呑んだ記憶が、走馬灯のように過ぎ行く…         いわゆるヒムロック流の刹那ですね。     で何を目的に群馬で行ったのか、恋にもにた感覚…   もはや、恋がどんなモノなのか理解できなくなりそうな、お年頃ですがw   本気こいて、会いにいきました。   脊柱管狭窄症と診断され、背骨(胸椎=仙椎まで)をワイヤー固定の手術を受けられた御婦人に。   術後の背中と腰の痛み、パンパンになる足のムクミ、すんなり寝返りも打てない、服用薬も多めな感じ…   当然ですが、ワイヤー固定手術を受けたため、腰椎の動きは制限され、足元のモノを自分の手でつかめないくらい、日常生活に支障をきたしています。   そんな方に新潟に来てください、なんて言えませんよねセラピストとして。   自分の母を診て欲しいと、ご家族の方にご相談いただき、実現した群馬に遠征。   で、問診と検査を終え、体のアチコチ痛いし、ふくらはぎなんてパンパンな訳わけです。   昨日、リハ行ってマッサージしてもらったんだけどねぇ…なんて会話しつつ…   ご家族の方2名に見守られながら、いざ…     え?大丈夫なの?何してんのこの人?的な眼差し…が、しかーし!いつもの事なんで、慣れてます自分。笑   病歴期間や症状を考えると、張り切ってやり過ぎると好転反応がキツくなる予感がしたので、30分ほどで切り上げました。   施術後の腰は少し楽になり、ふくらはぎはフニャフニャを確認して御婦人にウインクして終了。   とりあえず今の自分で出来る範囲は行なえたかと。   肌にターンオーバーがあるように、内臓や筋肉もその場で楽になる人もいれば、2~3日かけて変わっていく人も多い。   ご家族の方にセルフケアなどお伝えして、無事終了し、ちょうどお昼だったんですね。   群馬名物の「鳥めし」をいただきました。         厚かましいと思ったんですけど…お茶と味噌汁までお出してもらい、食しました。笑   鳥めし美味いし、群馬いいとこですね。   感謝されて、最後のお見送りまでしていただき、行って良かったと思います。   笑顔を見れる、そこ大切にしていきたいし、お呼びが掛かれば、また行きたいですね。