こんにちは木村です!!
 
 
少し暑さも終わりをみせて、少しだけ過ごしやすくなりましたね。
 
 
しかし、まだまだ隠れ脱水にお気を付けくださいませ。
 
 
脱水は筋痛に直結するので、最低でも「日/1リットル」は目安にしたところです。
 
 
体の循環・排泄をうながすために!あ・・・浮腫み防止も♪
 
 
コーヒー、ジュース類は、嗜好品としてお召し上がりください!(笑)
 
 
1人で運転中にマスク姿を方を見かけますが、体にプラスではありませんのでお勧めいたしませんw
 
 
1人じゃ車内で感染しませんからね・・・
 
 
 
 

===9月のお知らせと休業日===
 
 

 
 
=================
 
尚、第4週に関しては決定次第、お知らせいたします。

免疫力     身体の60~70%くらいが水分といわれてます。                 水は、生きるために欠かせないモノ     災害時でも真っ先に水を確保するくらい大切なライフライン     寒い時期は、乾燥肌や静電気でバチッと指が痛かったり、風邪も引きやすくなり、腰痛の悪化もよく耳にします。     なぜでしょうか・・・     夏は、気温と発汗もあり水分補給を心がけてる人は多い。     寒い時期になると「喉も渇かない」ので水分摂取をおろそかにする方って意外とが多い。     寒い時期に足、、、浮腫やすくなりませんか??     尚も言いますが、身体って60~70%くらいが水分。     例えば、激しいスポーツで脱水症状になった場合、疲労と脱水が奏でるハーモニーで痙攣をおこします。     筋肉は、江頭2:50のように動かず激痛     免疫にも言えることで、水分が足りていない身体は、血液だってドロドロは誰にでも想像できますね。     血液循環がうまく行かない→老廃物流れにくい→免疫力が下がる→風邪ひく     身体に良いとされる食事も大切ですが基本のキである「お水」が大切なんじゃないでしょうか。     ちまたで溢れている「免疫力を上げる・美腸なんちゃら・代謝UP」など出回ってる多くの情報は、お手軽に~的なモノはで鵜呑みにしない。     効果なんてどうでも良い、とにかく金払いたいんだよっ!と「気概のある方」にはおすすめ。     代謝ってそんな簡単に上がるものではありませんし、体内で起こっている化学です。     本当は、生化学を書きたい…しかし誰も興味のないマニアックな世界ですので止めときます(笑)     代謝(メチレーション)を学びた人にお勧めな一冊です。                 昨日、届いてルンルンな木村です。
お水、ルイボスティー、緑茶、紅茶、ジャスミン茶etc…     牛乳、コーヒー、カフェオレから清涼飲料水、味噌汁、赤マムシドリンクまで…     いや現代人はレッドブルかモンスター・エナジーなんでしょうかね。     皆さんが「水分」と認識しているモノは何種類でしょうか。     身体に対しての良し悪しではなく、答えは1種類です。     耳にしそうな会話で…     ノンカフェインで身体に良いので、毎日ルイボスティーを持参してしっかり水分補給しています♪と言われる方も少なからずいるはずです。     不正解でないですが、嗜好品として飲むなら何でもあり。     解剖学的な話をすれば、身体の70%が水分と言われる人間なので水分の大切さが理解できます。                 あとは膜と脂です。「水と膜と脂」で出来ています。     皆さんがよくご存知の「筋膜」リリースから横隔膜・骨盤隔膜、目の角膜、ボクサー病と言われてる「網膜」剥離まで…     とにかく人間は膜構造     あ…内臓にも膜が存在し、内臓同士が擦れても大丈夫なように間膜が存在します。     当然、膜には脂が付着しているから破れない構造がある。     そして膜にも水分は必要。     詳しいことは割愛しますが、水分不足は筋肉トラブルの元凶となることを忘れないでください。     非常に多い初歩的な筋膜トラブルで、特に女性に多い。     例えると寒い時期は、喉の渇きを感じづらく、トイレも近くなる等の理由で「お水」を積極的に飲まない方が多い。     特に女性は、尿意を我慢する方が多いので、膀胱炎の罹患率が非常に高いく4人に一人の女性が一生に1回は経験すると言われてます。     膀胱炎は男女差が大きく、発症率は圧倒的に女性。     女性のほうが男性より尿道が短く、膀胱炎の原因菌が尿道口付近に常在化したり、原因菌が逆行したりして膀胱に侵入しやすい。     女性は尿意があっても我慢することが多いため膀胱がのびやすくなり、膀胱内の血流量が減少し、感染を防ぐ機能が低下し結果として細菌が増殖して膀胱炎を発症しやすくなる。     まぁ構造的な男女差もあるんですけど…     ギックリ腰が多発する時期って寒い時期が多く感じてるのは僕だけではないと思います。     結論、水分は「お水と白湯」がベスト。                 その他は嗜好品とお召し上がりください。
こんばんは。整体師に友達がいない寂しい木村です。     嫌われてるんでしょうか…     柔道整復師や鍼灸師、理学療法士の友達は増えていくのに…     何故でしょう…     僕…もしかして…匂うんでしょうか…                 直接の慰めや励まし…傷つくのでご遠慮ください(笑)     どうやら今年もインフルエンザの流行がインフルエンザの流行が全国的に始まったようですね。     一般的にインフルエンザ予防として、「手洗い・うがい・マスクの着用」が三種の神器     三種の神器だけでも、悪くはないですが、強いて言えば「お水を飲む」を付け加えたいですね。     もちろん、この時期に冷たい水よりも白湯なんか最高です。     僕も白湯…けっこうお気に入りです。     夏場の暑い時期は、暑いし汗をかくので皆さん飲むんですよね。     この時期は確実に水分摂取が減り、「隠れ脱水」に近い方も多い。     ※僕らは水分不足を脱水と呼びます。     ウチのばぁちゃんがそうでしたが、お年寄りの方なんか喉が乾いてないと飲まない。                 それでは、確実に遅いんです。だから治りが遅いし皮膚も乾燥しがち     水分不足は、色々な弊害に関わり、特に身体のデトックス(解毒)に関わります。     デトックスは主に肝臓と腎臓が行い、その腎臓は体内の老廃物、血液をろ過したり…     むくみの原因にもなる体液量・イオンバランスを調節たり…     塩分と水分の排出量をコントロールして血圧を調整したり…     血液を濾過(デトックス)して老廃物や塩分を尿として排出させます。     汗でデトックスとか、言う方いるかも知れませんが「汗は体温調整」がメインですね。     人の身体は「消化ー吸収ー解毒ー循環ー排泄」このサイクルが働いてこそ!そうお客様に伝えてます。     悪い事でありませんが、多くの方は体に良いモノを摂取しようとします。     しかし、大切なのは循環できて、しっかり排泄もできること。     排泄には「お水=水分」が必然的に大切になり、インフルエンザや雑菌も循環と排泄がしっかり出来ていれば、間違いなく予防率はUPします。     人為的なテロは除きますよ(笑)                 ぜひ、お水+三種の神器でインフルエンザ予防を♪     悪いモノは早めに排泄しましょう^^     ちなみに…寒い時期に腰痛が多いのは、腎臓疲労が関係するパターンが多いから。     腎臓×腰痛の話は次回、書きまーす。
台風前のフェーン現象なんでしょうか…   まだまだ旬な熱中症。   トイレが面倒だから・・・   そんなお話も伺いますが、人は循環してこそ生きています。   まさにメリーゴーランド。         こまめな「水分摂取」をお忘れなく。   何度も言いますが、「緑茶、コーヒー」などは水分補給になりませんw   スポーツ飲料も取りすぎればカラダを酸化させ、内蔵に炎症を起こし、不調の原因となりますのでご注意あそばせ。   僕はミネラルウォーターor麦茶がマストアイテムです。           明日24日、明後日25日はhttps://bit.ly/2N8oNPHため、お休みをいただきます。    
こんばんは木村です。   この出だし…   お久しブリーフで、毎日メデイアでも熱中症が騒がれてますね。         最近、施術のの中で非常に多くかんじること…   「砂糖の反応と水分不足」   なんだか馴染み深いフレーズなのに、まだまだ世間に浸透していないんですよね。   水分不足になると、カラダに対してどんな影響が出るんでしょうか。   人間のカラダは60~70%は水分と言われるほど・・・   みずみずしい。笑         ですが水分不足になれば、当然ですがシワシワになっちゃいます。   そして大切なサイクルの「循環と排泄」が滞る。   先日のterakoyaセミナーでも伝えたんですが、水分不足の方の多くは腎臓や大腸の動きが悪くなり、砂糖は膵臓に関係もする。         これが頭に入ってると、その内臓と関係する筋肉や症状と関係性が読めるから効果も出る。   人のカラダは全てつながってるので局所(痛い部分)で施術したって、効果なんて微々たるもの。   特にこの時期は水分補給を怠らず、補給はお水・白湯・麦茶か好ましいく、コーヒー、紅茶、緑茶、その他のお茶類は嗜好品としてなら、良いと思いますね。       砂糖といえば、この時期はやっぱり…アイスクリーム   美味しい時期ですが食べ過ぎはお腹も冷えるし、内臓に炎症がおこりますから、ほどほどに。    
こんばんみー木村です。     今日はいつもよりベクトルを変えてソフトタッチに。     「タッチ」そんな野球漫画もありましたね。     わりと好きでしたよ南ちゃんw     で…いきなり話が変わりますが、自分的に筋肉・骨格とかは「ハード」、内臓が筋肉に及ぼす影響とか、良くも悪くも栄養素(心理・食事etc…)が内臓に与える効果は「ソフト」な面としてとして捉えてます。     なので今日は人間様が生きていく上で必要不可欠な「水分」=体液循環も含めたソフトな内容を軽めに。     僕もお客様に体液循環のお話をチョイチョイします。     「人の60%は水分」なんて聞いたことないですか?水分が日常的に不足していれば体液循環が滞って、(リンパ液も含む)巡りが悪くなり、内臓・筋肉も含め、老廃物が溜まり慢性的な首肩コリや腰痛などの症状が現れる場合も往々にして。     だからこそ、循環って大切なんですメリーゴーランド的に。                 食べ物で例えると…     人の身体って単純に健康に良いと言われてる食べ物を食べるだけでもダメ、また吸収できず停滞しているのダメ、排出が優先でもダメですよね。     循環と言う意味で、水分(体液)は重要な役目を担うのは皆さんご存知の通り。     その中でwat51の整体って何をやっているのか理解できないお客様が9割くらいでしょかね…笑     ほとんどの整体サロンで調べないと思われる…いや…調べない「カラダの水分=脱水」「水と酵素の関係性=水和」も10秒で調べてます。     いわゆるカラダの水分が足りているのか否か。酵素と体液は仲良しで上手く調和してるのか?ってことです。     低張性脱水・高張性脱水はひとまず、置いときます。     酵素って身体の中で作られるたんぱく質で、「食べ物の消化、皮膚の新陳代謝、血液の循環」などの関連します。     人間様の職場環境と似ており、身体の水分と酵素…協力しなきゃ効率的ないい仕事出来ないし、お互いのことをもっと知る必要がある。     そして水と酵素を男女に例えるなら…     いつ巡り会うかも知らない、水は縦の糸、そして酵素が横の糸…                 その仲を取り持つ、ポップでキュートなキューピット役…     逢うべき水に出会えることを酵素は幸せと呼びます。     まぁ、どうでも良いですね。         水分が不足すれば色々な弊害が起こりえるわけで、当然ながら施術なんかも左右されるわけです。     だからこそ、人の身体って筋骨格系、内臓系、栄養学、メンタルなど包括的に丸ごと診るって視点が大切になるんじゃないと。     あ…お茶やコーヒー、ジュースなど、水分補給にはなりませんので悪しからず。     普段から、お水を飲みましょう的な〆で。