1月は本格的にブログをサボりました。     そこで時系列に出来事をチラホラ。     1月上旬に行うセミナー資料を作っていました。     骨盤の筋肉を調べてたつもりが、アレレ・・・     徐々にズレていき、好きな脳科学と神経系の引き込まれ・・・     おーい、筋肉どこいった。                 心の声が問いかける。     以前から繰り返してるしね。に資料作成には難ありなワタクシ。     そんな経験ありません???     NETで調べる→最初のキーワードから徐々にフェードアウト→当初とまったく無関係なモノを検証している自分。。。     「あれっ?」なんでこんなページに?みたいな、特にAmazon(笑)     こんなことが日常茶飯事だから資料の作成が進まない。。。     まぁ無事に終えることができて、一安心                 今回は、呼吸と横隔膜~むくみや腰痛にも関係する骨盤隔膜、腰椎の機能解剖を中心に。     漢字ばっかりの理解する、ニホンゴ・ムズカシイネ。     説明してて、そう思います。     難しいけど大切な部分で、お腹って中身も連結してるんですよ。     見えないけどね、お腹の筋肉、横隔膜と骨盤隔膜みんな合体するのさ。                 見える部分はセラピストでなくとも、凝ってる?硬い?触れば痛い?中学生でもわかります。     見えない部分こそ、セラピストとして知識と技術が問われます。     恋愛に例えると、外見に理想を求めるのか?人間性の中身に幸せを見いだすのか?     そんな気がします。
一昨日は、terakoyaアドバンスクラスのスキルアップセミナーでした。     内容は、MMT(徒手筋力検査法)で、いわゆる筋肉の異常を見つけるための重要なテスト。     腰痛の場合、その腰痛に関係する筋肉を探し出す必要があります。     検査もしないで施術するって、道を調べず目的地まで行こうとするようなもので、言うなれば破天荒・・・ではなく無謀。     ニュアンスは、似ているが中身が全く違いますよね。医療の現場でも使われておりセラピストにとって必須です。     無事にセミナーが終わり、ストレッチの話題に・・・     じゃ、ブログに上げとくねっ!と言った手前と、なぜ私がブログで「こんなストレッチが効果的」のような内容を書かないことには、理由があります。     その理由として過度のストレッチ(やり過ぎ)は、逆効果になる場合がある。     筋膜を意識した軽いストレッチは問題ありませんが、柔らかくなりたいからって過度のストレッチを行い「靭帯」を伸ばしすぎると、     正常な弾力性を失い、伸び切ったお爺ちゃんのパンツのゴム紐状態に。     ※ふんどしの方は、この限りではありません。     伸び切った筋肉や靭帯は、関節を支えきれず不安定になり、結果として関節周囲の筋肉は緊張しやすくなる。     筋肉のハリ感を感じて、再びストレッチすると直後は筋肉の緊張が軽減されるので、体が軽くなったような感覚や爽快感が待ち受ける。     しかし、関節は不安定のままです・・・     すぐに筋肉は関節を安定させるために過緊張なるでしょうね。     そして、またストレッチ・・・開放感・・・筋肉緊張・・・開放感・・・この繰り返しです。     ついには、ストレッチ後すぐに筋は緊張しなければ骨構造を支えられなくなり、頭痛や首肩コリ、腰痛などの様々な症状を起こす二次的、三次的な原因にもなる。     筋肉と関節の特性、相関関係など専門的な知識がない方が、見よう見まねので過度のストレッチを行うと、一時的な爽快感を得られますが、長期的にみると体の不調を誘発することにもなる。     当然、ヨガなどでも起こる可能性があります。     これを避けるためには、インストラクターやセラピストの「伝える側」が筋肉や靭帯、そして関節の基礎知識が必要と心得ましょうね。     何より身体のつくりは、個人差があるため安易にブログには書けない。     おひとり一人に必要なものを必要な分だけ、情報も施術も届けたいと常に考えています。
毎月行っているterakoyaアドバンスセミナー     9月も無事に終了。     今回は、アプライドキネシオロジーのPRYTテクニックを中心に、原始反射を抑制するスイッチングテクニック、徒手筋力検査法など、てんこ盛りの内容に伝える僕も学ぶ生徒も充実した内容だったかなと。                 原始反射については、また別で書きたいと思います。     毎月、資料を作りながら思うこと・・・     理解しにくく、習得に苦労する技術とこれでもかっ!ってくらいの知識を理解しやすく噛み砕いて伝えること。     ここは、いつも悩みながら何度も資料を作り変えたりなんて当たり前で、3歩進んで2歩下がる的な。。。     でも、苦労しながら少しずつ前進して行く生徒を見ていると、たまらなく応援したくなる。                 生徒が本当に苦労しているのは、セミナー終了後の疲労感が溢れた表情からも伝わります。     仕方ない、お手当て勉強してる訳じゃないんだから。     でもその苦労に見合う価値ある内容を作ってるつもりなんでね。     理解しずらい繋がりで、ついでに書きますが施術が終わってから「いや~理解できない」そんなご意見もよく耳にします。     でも最近は、理解できなくて当然なのかな?という考えに変わりました。     車の整備士に例えると「ガソリンスタンドの整備士」と「レーシングカーのメカニック」くらい違うと思います。     お客様目線で言えば、車検整備はなんとなく理解できる範囲。     いざレーシングカーの整備となったら見ている細かさが違うので、それ意味ある?そんな作業が数多くある。     専門職になるほど一般の方が思いもつかない角度、知識、技術があるからこそ「プロフェッショナル」という言葉がる。     僕は、この仕事を専門職と捉えており、アマチュアからプロフェッショナルまで様々な人が整体という一つの鍋に入ってます。     傍から見れば、同じ鍋でごった煮状態。     いざ食べると、見た目は似ていても味が違う。     旨いとっ!唸らせる知識と技術が詰まった出汁を取るには、ひと手間もふた手間も必要なんです。     唸る出汁を取りたい方、お気軽にご相談くださいませ。     ※日本海間瀬サーキットを走るために草レーシングカーをエンジンから作った経験あり。     車のご相談もお気軽に。笑
昨日は、あいにくのお天気でしたが運転免許証の更新に…     残念ながらゴールドではないため、1時間の講習サービスがセットになったお得なプランでした。               いわゆる禊(みそぎ)     相変わらず、スーパー流れ作業的な対応の免許センターの方々に、スマイルをオーダーしたくなりました。     昨年比で、新潟県の死亡事故数は減少しているそうですが、長野県はもっと死亡事故が少ないようです。     負けてたまるかっ!頑張れ新潟県!!(笑)     今後も加害者にならない運転を心がけ、無事に終了。     どうぞ皆さまも、ご安全に。                 そして今日は、年度最後のTerakoyaセミナーを行いました。     女子パワー恐るべし。                 詳細は、明日に(笑)
腰痛もあるが、やはり「お尻~足先までのシビレ」が気になるとのこと。     そして、左右のバランスに違和感がずっと残ってるって、耐えがたい感覚                 ヘルニアからの神経痛は、限りなくゼロで筋肉にトリガーポイントが形成され、シビレが起こってるのかな?と推測     まず、大殿筋がシビレを出すことは無く、中殿筋・小殿筋あたりは怪しい。     先ずは、スマホを使い大腰筋(上半身と下半身をつなぐ最重要なインナーマッスル)を電磁波テスト         むむむ…                 全く抵抗できないほど力が入らず、クライアント様も不思議そうに苦笑い。。。     このようなケースって長期間、電磁波の影響を受け過ぎているときの「正常な生体反応」です。     1日中PC作業を行い、寝る前までスマホ、タブレットを使い、寝る時も頭の隣にスマホ充電しながら、目覚まし時計として使ってる方って多いと思うんです。     当たり前になっているから、まさか不調の原因が電磁波なんて夢にも思いません。                 乱れた食生活を除けば、電磁波や感情ストレスの影響って目に見えないけど、ものすごく大きいことを理解して欲しいですね。         テクノロジーは進化を遂げますが、肉体や脳が進化しているわけではない。     ある日突然、凄腕のセラピストに進化…ありえない     様々な原因がありますが、キャビン・アテンダントの不妊症や流産が多い事実を知ってますか?     ほとんど目に見えない理由です。     不妊症に限らず、今回のケースでも逆にレントゲン・CT・MRIのように目で確認できるなら、対処もしやすいし病院で対処できるはず。                 でも、医療機関で問題なしのお墨付きをいただいている。         機械じゃ判断できないケースがあるからこそ、僕らセラピストが必要とされるのではないでしょうか。     必要とされ、解決できるかどうか?そこは自身の歩み方により変化する。     あ…今回は、電磁波→生殖器・泌尿器にダメージ→関係する筋肉がトラブル→腰痛・シビレの順でした。     施術後は、7~8割ほどシビレも緩和されましたが、なんせ患部に触っていないので、不安に感じる方もいるのは事実。     しかし次回予約もいただき、一安心(笑)     基礎を知るって大切で、4月から始まるTerakoyaセミナーの生徒募集しておりますので、お気軽にご連絡ください♪     ※自分に関わる人を笑顔にしたい、と言う「気持ち」だけ必要です。
久しぶりに書きます。   つい先日も無事に終わった9月のterakoyaセミナー         ここ3ヶ月は内臓やホルモンの働きから関連性なんかを、少し掘り下げて伝えてました。   何事も「基礎」が大切ですし眠くなるけど、いずれ必ず役に立つ         資料を作りながら、僕自身も忘れていた部分を再発見できたり、まさに成長期です。   わんぱくです。   思春期です。   言い過ぎました。   今が思春期なら…   とっちゃん坊やです。   でもね、生徒さんがお腹いっぱいになるセミナーにしてますので、まぁ良しとて。   整体が溢れかえる現代で、猫も杓子も少し習えば、整体師やセラピストでございます!   と名乗れる今って、ある意味、乱れた腸内環境と似ています。         腰痛でも首肩コリや背中のハリ、違和感etc…   どこ行っても効果が感じれない、すぐに痛みがぶり返す、病院で検査してるけど、何もでない!でも調子が悪い…   なんて方は間違いなく、腸内環境も怪しいですね。   少なくみても6割は上記の症状に、腸内環境も関係しています。   それは何故、腸内環境と筋肉(症状)が関係するのか?     カラダに悪いモノをたくさん取る     ↓ 腸で栄養を吸収する     ↓ その栄養を筋肉に送る     ↓ 毒素が筋肉に回る     ↓ 筋肉は疲れやすくなる、回復出来なくなる     ↓  トラブル発生           「内臓と筋肉の関係性」 何となく、ご理解いただければ幸いです。   セラピストでは当たり前だのクラッカー的な知識ですが、お客様は専門家ではないので、わからない。   だからこそ、しっかりお伝えする必要があります。   wat51のお客様は僕が責任をもって対応しますが、かかりつけがあれば一度、聞いてみるの良いかと。   筋肉や骨ばっかり追いかけても、回復の兆しが見えない方は「実際数」多いですからね。   次回は最近、担当させていただいた症例を書こうと思います。
先日も無事に8月のterakoyaセミナー内蔵編   気合入れすぎて…   空回りてきな備忘録         いわゆるセミナー内容が大きくなり過ぎて時間オーバーしても終わらないっていうww   年間のカリキュラムはあるんですが、いざ資料を作るときに新潟ではなく、日本で旬な内容を伝えたいと思うと…   膨大な量に…   しかし「生徒のため」には…なっていると思います(笑)         生徒さんの真剣な眼差しをみていると、ますます膨大な量を提供したくなるドSな性格な自分。   性格が悪いんでしょうねw   至らない僕に着いてきてくれてる生徒に精一杯、今後も伝えていきたいですね。
去る19日、「wat51 terakoya」 セミナーでした。   5月は骨格でしたが、6月のテーマは「筋と筋膜」   そして7月は「内臓」へ   内臓がないぞう…   面白かったでしょ?これで笑わなかった貴方…   センスを磨いてくださいね。   お前がなっ!!!         って思った方…そっと画面を閉じてください。笑   はい。では筋肉・筋膜とはなんぞや?から基本的な構造や仕組みまでをクローズアップ。   例えば腰痛・・・椅子からの立ち上がりで痛い場合と寝返りで痛い場合では別々の筋肉が痛みを起こしてる。   総称して腰痛と言われているだけで、クライアントは感覚で説明しますから、「この辺が痛い」としか伝えられない場合が多い。   セラピスト自身が、この動作はこの筋肉が動いてるetc…を知らないと、対処できない。         手のシビレなんかも色々言われますが、あくまで経験ですけど意外と筋トラブルが多かったりね。   6月に新しい法令は施工されて症状とか症例なんかも、規制が入り詳しく書けなくなるようです。   まぁ猫も杓子も、改善やら免疫力UPやデトックス、浮腫ネタにサロンが乱立するので仕方ない部分もありますよね…   今後は徐々に閉店ガラガラしていくんでしょうね。技術はもとより、最低限の知識すらないと、裸で戦うようなものw   こんな事柄もふくめ、僕自身が常にしっかりと学び、生徒に伝えていきたいですね。   年間カリキュラムを組んでるので、生徒の習熟度も気になり、毎月ハラドキです。   エレガントに伝えるって難しいですね。   そもそもワイルド系な僕に、エレガントに伝えることが可能なのか?   いや…いつからワイルド系になった?と考えるうちに脳内が思考停止な今日このごろ。。。         ====うちの可愛い生徒へ==== 1、痛みの7割は筋肉が「どんな状態」だと感じやすいんですか? 2、手のシビレによく関係しやすい筋肉は? タイムリミットは23日の22時、LINE待ってます。笑 =================