愛着障害

こんばんは 木村です。
 
 
今日は、日頃から感じるストレスについて木村流のスパイスを加えて解説します。
 
 
ストレスに関してはネットや書籍が本当にたくさん情報が出てます。
 
 
よくあるWEBサイトでも少し匂わせて誘導したり、最初から少ない選択肢の中だけで、どれに当てはめるか?決めたり。。。
 
 
そんな簡単に決めるほど、人は単純ではないと思っています。
 
 
私が本質的でない事について追及するタイプなので、余計にそう思うのかもしれません(笑)
 
 
NET・SNSは、色んな情報が得れるかわりに、雑?適当な記事がたくさんあります。
 
 
健康ブームやコロナもあり視聴率を稼ぐことに必死なTV局は、1日1回くらい必ずどこかの番組で医者が出演するような時代です。
 
 
コロナ
 
 
真面目に必死で頑張ってるお医者さんも沢山いるのにね。
 
 
こんな時代ですから何でも鵜吞みにせず、本当にその情報が確かなのか?
 
 
多面的に見ることを私はいつも心がけています。
 
 
こんなに情報が多いと「どれが正しいのか?」分かりずらいですよね。
 
 
 
 
では本題にもどり、スパイシーでちょいと深いストレス耐性のお話を。
 
 
※この先はディープなので面倒くさいのが好きな方におすすめ。
 
 
ストレスを受け止める、受け流すキャパって人それぞれです。
 
 
感じるストレスも、対人・環境・季節の変わり目、音や光、振動・・・
 
 
年齢を問わず、ストレスに対処できる能力は、一人ひとり違います。
 
 
例えば叱られた時の小さいお子さんをイメージすると・・・
 
 
我慢して耐える、フリーズする、パニック、泣く、わめく、逆ギレ、受け流す、気にしない、無視・・・
 
 
神経過敏
 
 
大人になってもこれを引きずっていたり、個性や性格だから仕方ないと、諦めている方もいるかもしれません。
 
 
私たちは、3歳までの成長&経験をもとに、人格のベースができあがり、これを「愛着システム」の形成といいます。
 
 
いわゆる人間の「性格や性質・気質」の部分。
 
 
三つ子の魂百まで・・・先人の格言は凄まじい。
 
 
実は、ストレスに対するキャパシティは、お腹の中にいる胎児期からスタートする愛着システムが大きく関係しています。
 
 
赤ちゃんも頑張って生きるために、お腹の中でお母さんから栄養をもらいながら脳と神経のネットワークをつなぎ、少しずつ成長していきます。
 
 
胎生5ヵ月頃には、聴覚が発達して音を認知ができてるようになり、音楽や語りかけはしっかり届きます。
 
 

 
 
ちなみに胎生記憶があるから、生まれてすぐお母さんの声に顔を向けると言われています。
 
 
本当に神秘的に感じますが、これも脳と神経ネットワークの働きが大切になります。
 
 
胎生期に脳と神経のネットワークがちゃんと作られて働かないと、医学的にも障害のリスクが高くなるといわれています。
 
 
脳と神経のネットワークを作る手助けと、少しでもリスクを減らすために葉酸の栄養サポートなんですね。
 
 
人は食べたもので出来ているといわれるように、「食」って軽視されやすい部分ですが、実は本当に大切。
 
 

 
 
 
 
妊娠中にジャンクフードや、好きなモノばかり食べてたらどうなるでしょう?
 
 
質的な栄養不足が起これば、ストレス対するキャパシティが低くなりカテゴリー的に「過敏」という分類になるかもしれません。
 
 
病気の場合は、薬や色んな治療法が必要です。しかし薬が全て解決してくれるわけではありません。
 
 
薬以外でも解決の糸口になることがあります。
 
 
自分自身、そして家族が生きやすくなるために多面的に見て考えることが、今後より大切になる気がしています。
 
 
食べてるから問題ない。 という考えは問題を先送りにしてしまうかもしれないし、
 
 
感受性が高く繊細で、音や光に過敏なケースも栄養の問題があるのに、個性と決めつけて放置するケースも少なくありません。
 
 
言葉のケアだけではなく、身体の仕組みを理解して栄養学的な面をプラスして子供たちを見てみると、腑に落ちることがたくさんあります。
 
 
一般家庭のみならず教育・療育でも、こういった包括的なケアや考え方が広まるよう私たちも願っています。
 
 
そして私たちもこう言った考え方を伝える努力が、必要と感じています。
 
 

2022年 4月のセミナー
 
 

こんにちは新潟CBS整体です。
 
 
先日、4月のセミナーを行いました。
 
 
今回のテーマは「愛着障害」について。
 
 
 
 

 
 
 
 
十人十色という言葉があるように、人によって感じるストレスも様々です。
 
 
ショッキングな出来事、人からの罵声などの人間関係
 
 
大きな音、強い光、など環境
 
 
このストレスを感じたとき・・・
 
 
・慌てる人
 
・固まる人
 
・冷静に落ちついてる人
 
 
まわりからは、冷静に見えても実は、固まっているということもあります。
 
 
いつも余裕をもって冷静に対処できたら理想的ですが、大人になっても上手に対処できないことも少なくありません。
 
 
 
 
何故でしょうか?
 
 
 
 
私たちのストレス耐性って、実は3歳までの経験で決まるといわれています。
 
 
これには愛着システムというものが関係します。
 
 
赤ちゃんが産まれてから、脳が順調に発達するためには、養育者の育児などの関わり方が大切になります。
 
 
※本当はオキシトシンシステムも関係しますが今回は割愛。。。
 
 
生まれたばかりの赤ちゃん、目もよく見えない、言葉もわからない、何となくお母さんを感じるくらいで不安でいっぱいです。
 
 
安心することで、赤ちゃんの不安という感情が安定して脳が発達するシステムを、愛着システムとよびます。
 
 
脳の成長は右脳から始まります。
 
 
 
 

 
 
 
 
《右脳の仕事:共感と不快な感情の処理》
 
 
不快なこと
 
・びちゃびちゃのオムツ
 
・お腹が空いたとき
 
・大きな音でビックリetc…
 
 
赤ちゃんが不快なことを感じて泣いたとき、養育者が気づいて対応していくことで共感が生まれ、不快なことが起きても大丈夫なんだと感じて成長していきます。
 
 
※私たち人間は、「安心」できる状態が非常に重要になります。
 
 
この段階を経て、左脳で《快や思考》に対応するように成長していきます。
 
 
養育者が子どもに、「これはやって良い、これはダメだよ」と教えることで、子どもの思考が作られていきます。
 
 
子どもの「イヤイヤ」は、不快の処理がうまく行ってないんじゃない?という見方もできますね。
 
 
も一歩進んで生理学的な視点(自律神経系・ホルモン等)も加わえてみると「発達や様々な行動」の理解につながります。
 
 
実際にストレスを感じたとき、身体の中でどんなことが起こっているのか?
 
 
今回も内容も盛りだくさんで、お伝えしました。
 
 
 
 
生徒たち今回も、脳疲労です(笑)

こんにちは新潟CBS整体です。
 
 
「何歳から? 何歳まで可能ですか?」
 
最近、そんなお問い合わせを多くいただきます。
 
一般的な整体と違い、年齢は関係ありません。
 
 
最近では、90歳の小さくて可愛いおばあちゃんを担当させていただきました。
 
心配したご子息さまからのご相談で、背中~腰痛で一人で歩けない状態
 
ここが痛い、ここも痛いと一生懸命に説明してくださり、何とかしたい想いからスタート
 
つい先日ようやく3回目の施術が終わり、スタスタと歩けるほどの回復にご家族の方も目を丸くして…。
 
次回は、記念撮影でもお願いしようかな(笑)
 
 
 
だれでも年齢を重ねると自分で治す力が衰えます。
 
20代と50代、同じ徹夜の作業をくり返したら、どちらが先にギブアップするでしょう?
 
自然の摂理で90歳の回復力に、過度な期待はもてませんでしたが、結果につなげることができて安心しました。
 
回復するにつれて、会話のキャッチボールができるようになり、表情もおだやかに。
 
 
人は誰でも痛かったり、辛い期間が長いと表情が曇り、言葉もネガティブになり姿勢が崩れていきます。
 
信じられないかもしれませんが、今回の原因はストレスが大きく関係していました。
 
2歳でも90歳でも、同じようにストレスを抱え、不調につながることを再認識。
 
自分の笑顔、そして家族の笑顔があるから、また頑張れる。
 
 
 
高齢など理由に諦めかけていた不調、お気軽にご相談ください。
 
できることが、まだあります。