生きづらさを考える
 
 
日本は、海外に比べると平和で豊かです。
 
 
よほどのことがない限り、生死にかかわること、生活に困窮することはありません。
 
 
学校だって義務教育までエスカレーター式
 
 
実際のところ衣食住をふくめ豊かな社会で、AIなど革新的な技術も進歩している。
 
 
その反面、引きこもりが100万人を超えており、多くの人が幸せであるとはいえない現状もある。
 
 
その背景には、人々の抱える生きづらさの問題があるように思います。
 
 
私自身も、どこへ行っても改善しないお悩みの方、感受性が強いHSPの方々をケアしてきた中で一定数の方が不調をくり返すことに以前は疑問でした。 
 
 
なぜ同じように、くり返すのだろう・・・
 
 
くり返す方って、まじめで、プレッシャーや使命感で心が折れそうになりながらも、頑張る人が多いのかなぁと感じています。
 
 
遠慮がちで自罰的、自己主張が苦手な気配り上手…でも結果として心身に問題がおこる。
 
 
みんな同じストレスに耐えれるわけではなく、個人差があります。
 
 
たとえば・・・不登校
 
 
今までは、「メンタルが弱い・過敏」など個人の性格的な問題と片付けてしまうケースも少なくはない。
 
 
性格的な問題でかたつけるのは昭和な考え方だと思います。
 
 
やる気が出ない、精神的に不安定な状態のとき、傍目からみると「調子わるいのかな?疲れてる?」と見えてしまいます。
 
 
しかし、カラダの中では何が起こっているのか?自律神経のバランス崩しているから結果的に「やる気が出ない、精神的に不安定」になったと考えることもできます。
 
 
数年前から保育・療育者の方々にも愛着形成(愛着障害)という考え方が、やっと少しずつ認知されはじめました。
 
 
 
 
《愛着障害》
受胎から成長期にかけて、さまざまな理由で受けるさまざまトラウマが原因で、愛着の形成がうまくいかず自律神経系の発達を妨げられたとき、生きづらさという形で現れることが多くあります。
 
 
 
 
生きづらさを抱える人たちにカウンセリングなどの心のケアも大切です。
 
 
しかし、その心や感情を作り出すセロトニンや自律神経など科学という面からもヒモ解くと、より穏やかに過ごせるヒントが見えるようになります。
 
 
教育も多様性を取り入れるなら、もっと様々な視点からみてあげたら良いのに…
 
 
今までの教育者向けのセミナーや講演では、こう言った内容が不足している部分なので、生きづらさを抱える人たちを支える教育者の方々にも今後は、伝えていきたいと考えています。
 
 
 
 
 
 

ご相談は、お問い合わせボタンをクリックしてください

 
 

こんにちは木村です!
 
 
前回は、色々な原因で姿勢が変わってしまうと、少し書きました。
 
 
身体の使い方や普段のクセが原因で歪みが起こり、姿勢が崩れることは想像しやすいですよね。
 
 
逆に意外かも知れませんが、感情ストレスでも姿勢が崩れていきます。
 
 
悩んで気分が落ちこむ時、ものすごく緊張した時、会社の入り口で…お腹が痛くなった経験ありませんか?これは自律神経がブレーキをかけてる状態。
 
 
そしてお腹が痛いとき…背中を丸めませんか?悩みやすい人ほどお腹が弱い方が多い。
 
 

 
 
腰痛も腰を曲げて少しでも「楽な姿勢」を無意識に探します。
 
 
では腰痛が治って半年が経ち、痛くないのに「無意識にかばうような動作」のクセが残ることがあります。
 
 
それが短期間であればいいですが、長引くとヘンテコな動きのパターンを脳が覚えてしまう。
 
 
その結果、少しずつ筋力のアンバランスが起こり姿勢が崩れていきます。もれなく歪みもついてくるアン・ハッピーセット完成。
 
 
アリナミンVのCMでも「疲れの元から対処していないから」といってるように、姿勢が崩れる元(原因)をみつけることが最優先。
 
 
私の経験上、筋肉や骨の歪みだけをフォーカスすると全体が見えなくなり、原因(感情ストレス)が見つけにくい。
 
 
全ては当てはまりませんが、東洋医学で「怒りは肝臓」という考え方もあります。
 
 

 
 
実は、こう言った東洋医学の考え方にもセオリーがあり、そこから不調や筋肉・内臓に照らし合わせていくことで改善につながる時も多くあります。
 
 
感情ストレスが原因で不調が始まるケースって本当にたくさんあるので、「心と身体はつながってる」と私は肌で感じています。
 
 
やってることは複雑なので、よく意味が分からないと言われますが、それくらい人は複雑です(笑)
 
 

 
 
姿勢も一つの見方として、今後も本質的な不調の改善につなげて行きたいと思います。
 
 
※ちなみにアリナミンVが疲労の元から対処できるなら私も飲みますw

バランス

「敏感な人・ストレスを感じやすい人」
 
 
音や話し声がすると集中できない、人にどう思われているか気になる、過度に接近されるのが苦手、光がやけにまぶしく感じる・・・
 
 
お腹を下しやすかったり、中には電気屋さんに長く滞在すると具合が悪くなったり・・・ちょっとした過敏や凸凹はみんなある。
 
 
私自身も夜間、対向車のヘッドライトがロービーム(下向き)でも眩しく感じてしまうタイプで対向車がハイビーム(上向き)に気づかず、そまま向かってくる時なんて、「うわっ眩しっ!」って感じるし、特に雨の日の夜は車のバックミラーの向きを変えるくらいストレス。
 
 
でも、ヘッドライトの光をストレスに感じない人もいるし、小さな音が気になる人もいれば、全く気にならない人もいます。
 
 
中には携帯の呼び出し音が気になる人は、サイレントにしたり通話音量を下げたりするケースも…
 
 
そもそもストレスって…どこで?どうやって感じてる?ってことです。
 
 
人間がどこでストレスを感じるのかを学んだ時に「目と耳から入ってくる情報」の大切さを知りました。
 
 
人のストレスの80%は「目と耳からの情報」です。
 
 
目が見えなくて耳が聞こえないなら、どんな嫌な人に怒られてもストレスなんて感じませんからね(笑)
 
 
もし、感覚というアンテナが敏感だったらどうでしょう?
 
 
~好きな相手編~
 
 
地獄耳だったら聞きたくもない小さなオナラの音も聞こえます。
 
 
視力が良くて相手の毛穴まで見えてしまう、又は好きな相手の顔を見ていたつもりが、鼻毛にお団子ついてる光景まで見える。
 
 
中学生なら幻滅するかも知れません。
 
 
人によっては、ストレスになり得る情報が目と耳から絶え間なく入る。
 
 
だから疲れやすい。
 
 
バッテリーが切れたように止まる、不調を感じやすい方ってアンテナが人よりも大きいため過敏に反応する結果なんです。
 
 
ここで初めて自律神経系につながる。そして自律神経系は身体のいたる部分につながっています。
 
 
生きずらさを感じたりしてる方がもっと楽に過ごせるよう今後もお手伝いを続けいきたいと思います。
 
 
 
 
心と身体の調律 Reバランス

例えばコンビニのお会計で500円以上払う場合、100円玉を5枚ではなく、300円と200円を作って支払うと店員さんの認識が早くなり、会計がスムーズになるそうです。
 
 
「500円硬貨なら1枚ですけど、、、」
 
 

 
 
突っ込む方、必ずいらっしゃいますが気にしません。
 
 
700円を払う場合、4枚と3枚に分けてかためる。
 
 

 
 
人間が瞬間的に認知できる記憶の限界が4前後と言われているそうで、意外と少ない数字。
 
 
キャッシュレス決済とか、、、
 
 
「突っ込まない」
 
 
脳の認知って本来は、とても大切なこと。
 
 
本質的なことを説明すると、難しくなるし終わらないので書きませんが、
 
 
発達障害や愛着障害、HSP(繊細な人)全てにかかわること。
 
 

次回は、五感とストレスの関係について。

私がHot Pepperbeautyを卒業する理由
 
 
今日は、シュールな内容
 
 
お手当系の整体が多いHot Pepper beautyの中で異質な存在であり続けると色んな意味で疲れます。
 
 
何となくリラックス、マッサージ等の「やられた感」の提供が本業ではありません。
 
 
様々な症状の治癒、HSP(繊細な人という意味)愛着障害の方が少しでも生きやすくなる為の場所でありたいと常日頃、思っています。
 
 
この世界に飛び込んで約10年、業界の色々なモノが見えるようになりました。
 
 
マッサージで始まり、揉んで伸ばして何とかなる!意気込んでスタート
 
 
腰が痛い方には「腰をやれば効く」と思い込んで一生懸命に揉むわけです。
 
 
まだ痛いんですけど…という現実にお客様のとの会話に打ちひしがれ、オイオイどうしたタイ古式!?
 
 
タイ古式マッサージ最強!!!自律神経~腰痛まで、万能神話があっさり崩壊、、、何度もね。
 
 
リラクゼーションだからと割り切っても良かったんですけど。
 
 
言葉巧みに切り抜けながらその場を丸め込み、次回の予約はどうされますか?回数券いかがですか?
 
 
言えたら良かった今更の10年を振り返る。
 
 
本物志向を目指す人、本物を目指す人…似ているようで別物
 
 
以前は、慢性腰痛・他でも改善しない症状の改善が専門でした。
 
 
養護学校の先生から発達障害、神経症etc…子供たちの現状を聞く機会があり、私の心にズ~ンと響きましたね。
 
 
生きずらい生活を強いられている子供たちも、想像に難しくありません。
 
 
私は、発達障害や神経過敏で苦しむ子供たちや大人の方に情熱を注ぎたくなりました。
 
 
揉んでも伸ばしてボキボキしても、変化なんぞ出ない世界です。
 
 
もちろん骨の歪みで神経過敏や発達障害になりません。
 
 
ここからスタートであり、僕らのCBS整体の根幹である「脳~神経~筋肉~内臓~栄養~環境因子」の全てを診る。
 
 
というコンセプトを証明していきたいと思います。
 
 
発達障害を学ぶ中で、私自身も少し…アスペルガーや愛着障害があるように思いますw
 
 
曲がったこと、嘘が大嫌いで、自分が興味のある分野は時間を忘れて調べたり、その他にも色々なこだわりがあったり…
 
 
手から伝わる感覚が異常に鋭かったり…
 
 
興味がない事には、振り向きもしない…(筋肉は、あまり興味ないです)
 
 
ガンダムで言えば強化タイプではなく、ニュータイプです(笑)
 
 
幸いにも、この感覚があるからこそ相手の気持ちを理解できる。
 
 
新しいチャレンジにわくわくしながら、うちの生徒たちと頑張りたいと思います。