HSP
こんにちは新潟CBS整体 木村です。   頭痛が辛いと相談される方もたくさんいます。     頭痛には、脳卒中や脳腫瘍などの病気で起こるものと、MRIなどの検査をしても問題ない、原因のわからない頭痛があります。   片頭痛や緊張性頭痛はよく知られていますね。   疲れ・ストレスで筋肉が硬くなって頭が締め付けられるように感じたり、こめかみや目の奥が痛いなど…   一般的な整体では、肩こり、眼性疲労、姿勢、骨の問題などが原因と言われることが多い。   しかし、ある日いきなり姿勢が悪くなったり、骨が歪むでしょうか?   急にお腹が痛くなれば背中が丸まり姿勢が悪くなります。   悩み・ストレスが長く続くと元気がなくなり、ふさぎ込んで猫背になることは想像しやすいですよね。     新潟CBS整体では「ストレス」というキーワードを重要視しています。※本当は調べる項目がたくさんあるけど、まとまらないので…   そもそも、ストレスって「どこで感じてる」と思いますか??   脳エクササイズになるので考えてください。     ………………………………………………………………………     ………………………………………………………………………     答え…………………………………     ♡マークのココロの臓器、心臓   ではありません。         実は、ストレスって脳で感じています。     では脳はどこからストレスの情報を受け取るの?   人のストレスは、目と耳からの情報が80%以上といわれており、五感のなかでも視覚と聴覚はキーポイント。     HSPではない人がまぶしくない光、気にならない音でも私たちHSPは、感受性が強いためストレスとして認識してしまうことがよくあり、音や光に過敏に反応…HSPあるあるです。   そのほか家族や恋人、会社の上司など人間関係のストレスも見逃せません。   私たち人間は、日々なにかしら人から感情を受けとり、自分も感情を表現しながら生きています。   心地良い=快 と 嫌な気持ち=不快    この間を行ったり来たり生きています。   美味しいモノを食べたときや、ふかふかのベッドは心地良いですよね?   苦手な人が傍にいると緊張したり、怒られたりすると不快な気持ちになります。   ここで頭痛に戻ります。   なぜ人間関係のストレスで頭痛が起こるのでしょうか?   私たちの感情は脳で感じています。   前回のブログでも自律神経について少し書きましたので、ご覧ください。↓↓
 先日は、【HSPって何?】をテーマに、ぽてとの会でお話会を開催しました。        明るいところが苦手  騒がしいところにいると疲れる  匂いや香りが気になるな〜  疲れやすい  朝起きれないetc…    振り返ると自分自身がHSPで、当時に理解していれば、もっと楽に過ごせたのに…  そんな経験と現在はHSPをケアする立場として、繊細な心と身体について、“食事、カラダ、発達”という面からお話しさせていただきま...
HSPって何?@ぽてとの会でお話会 - 新潟 CBS整体Wat51
  幸せな気分なときは、セロトニンなど(幸せホルモン)出て心地良い気分で過ごせます。   不快や恐怖を感じたときは、アドレナリン(闘争・逃走ホルモン)が出て交感神経の働きを強め、運動・仕事の覚醒モードのスイッチが入ります。   戦うにしても、、、   battle     逃げるにしても全力です。笑     アドレナリンは、心臓に血液を集めるために血管を収縮させて危険に備えるため、首~肩の筋肉の血流が減って筋肉の老廃物を外へ出せなくなり筋肉が固まってしまう。   これが慢性的な首肩こり、緊張性頭痛といわれる正体だったりします。   ストレスが続けば、誰だって緊張が抜けにくくなり、疲れやすくなります。   私の経験上、HSPの人は無意識の緊張が強く、痛みや違和感に過敏な人が多い。   無意識の緊張を下げてあげると、あら不思議…頭痛や違和感がスッと消えたりします。   痛い部分を揉んだり、ほぐしたりすると一時的には改善したように感じるが、くり返す。   頭痛でもHSPでも外側の皮(筋肉や歪み)ではなく、本質的な「実の部分」を見て感じることを今後も大切にして結果につなげていきたいですね。   音や光に敏感、ストレスに過敏、いつも疲労感が抜けないetc…   HSPについてのご相談・お問合せはトークするボタンからご利用ください。    
HSP
  先日は、【HSPって何?】をテーマに、ぽてとの会でお話会を開催しました。                 明るいところが苦手     騒がしいところにいると疲れる     匂いや香りが気になるな〜     疲れやすい     朝起きれないetc…         振り返ると自分自身がHSPで、当時に理解していれば、もっと楽に過ごせたのに…     そんな経験と現在はHSPをケアする立場として、繊細な心と身体について、“食事、カラダ、発達”という面からお話しさせていただきました。     真剣にメモをとっている方もおり、逆に私が緊張しそうになったり…(笑)             HSPについては、本やネットでもたくさん情報があります。     例えば…     ・過剰な刺激を受けないようにする。     ・心を休ませる時間を十分に設ける。     ・簡単に否定したり、叱ったりせず受け入れて、その子の自己肯定感を高めることを意識して苦手なことはペースに合わせてあげる。         HSPって、こ~だよね~ あ~だよね~。     優しくふんわり否定せず、見守りながら、時には休んで…     確かに意味はわかるし、大切な考え方だと思います。           事件は会議室で起きてるんじゃない。現場(身体)で起きてるんだ!と言いたい。笑       人は、危険や強い刺激を感じるとアドレナリン(やる気ホルモン)をだして緊張モードに切り替わります。     でも、安全だと理解するとリラックスモードに切り替わり、身体の緊張もゆるむ。     この切り替えがHSPは上手くないので、ずっと緊張が抜けにくいので疲れやすい。     こういった緊張&リラックス、涙や汗も自律神経の働きによるもの。     悲しい・嬉しいときも涙を流して感情を表現するように、ココロと体は繋がっています。             緊張を緩めるためのエクササイズもして、身体の変化を実感していただきました✨         ひとつの方向から見るより、色んな視点で「全部まるごとみる」って考え方が広まることを願っていながら9月のぽてとの会ワークショップに向けて、また頑張ります!           【参加された方々の感想を一部、ご紹介】     ・歳を重ねる度に、また母親になる度にいろんなことに気付かされることが多く、今日木村さんのお話で、また色々学びました〜。     ・食事の話も、常に早寝なのに疲れがとれないうちのパパは、もしかして毎日の職場の添加物弁当のせいなのかな?     ・木村さんのお話を聞いて、困った時に駆け込める場所ができ、お守りをもらったような気分です♡     ・食事の重要性を認識して子供の食事に気を付けるようになりました。         第一回目、最後は皆さん笑顔で安心しました♪     HSPについてのご相談・お問合せはトーク公式専用の公式LINEをご利用ください。    
こんにちは新潟CBS整体です!     お客様のお心遣い・・・         チーズケーキ、濃厚でまいうーでした✨             食パン、ほんのり甘くふわふわでした🎵             四角いシュークリーム、中身はクリームぎっしり美味^^         ご馳走さまでした✨         今後も感謝の気持ちを忘れず、おひとり一人の方が自分らしい健康と笑顔で過ごせるよう精一杯、サポートいたします!!         《お盆休みのお知らせ》     8月14日(土)~16日(月)はお休みとなります。                 お身体のこと、HSPについてのご相談・お問合せはトーク公式専用の公式LINEをご利用ください。        
こんにちは新潟CBS整体wat51です(^^)     8月のお知らせ     ≪お盆休み≫     14日、15日、16日はお休みとなります。             ≪新メニュー登場!アスリート整体≫     スポーツをされいる方に向けたコースを作りました!     ・左右の筋バランスを細かく調整     ・骨盤や骨の異常をミリ単位で修正     ・ケガのしにくい身体へ     ・パフォーマンスUPもお任せください✨         ご相談・お問合せは公式LINE 「トークするボタン」をご利用ください。         ≪8月からLINEポイントカード始まります♪≫     ♦ご来店時にQRコードを読み取っていただくだけOK✨     ♦10ポイント貯まると、1,000円オフの特典があります♪        
バランス
こんにちは。       新人スタッフ・・・のんやまです。     木村先生が、ある日突然に思いついた呼び名だそうです。         本名の「のぞみ」から由来しているようですが、なぜ「やま」なのか?不明です(;´Д`)     今回は、病気と間違われやすいHSPについて、お話ししたいと思います。     HSPとは(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略です。     「生まれつき敏感で、周りからの刺激を受けやすく、とても繊細」な気質をもつ方のことをいいます。       例えば…     ・深く考えこみすぎる   ・相手の仕草や表情で、なんとなく気持ちがわかってしまう   ・周りの人と仕事は同じなのに、自分だけ疲れやすい   ・遊んでいる時は楽しいけれど、家に帰るとドッと疲れる   ・人の多いショッピングモール、スーパーに行くだけで疲れる   ・音や光に敏感で、つい気になってしまう   ・焦りや不安でパニックになりやすい       HSPの方は、周りの刺激をキャッチするアンテナをたくさん持っています。     感受性が豊ゆえにストレスも感じやすく、溜めやすい方も多いのではないでしょうか。     うつ症状やパニックなど障害と間違われやすいHSPですが、病気ではありません。     周りの刺激やストレスを受けやすいと、気分が落ち込みやすくて身体に影響がでる方も多くいらっしゃいます。     でも、刺激を受けとるアンテナをちゃんと抑えてあげれば、無意識の緊張がスッ~と解放されますよ(^^)     ひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください✨         ご相談・お問合せは公式LINE 「トークするボタン」をご利用ください。               ※木村先生はHSS(刺激をおおいに求めるタイプ)です。笑
お客さまから、緑と黄色のお野菜、ズッキーニを頂きました♪                 差し入れをくださった方は、アイスホッケーをされているアスリートの方。     腰痛がどこへ行っても治らず、ご家族の紹介でいらっしゃいました。             手作りのお野菜を、届けてくださるお気持ち、ありがたいですね✨     料理方法まで教えていただき、ありがとうございました(^_^)     これからも、おひとり一人のお客様に真摯に向き合っていきたいと思います。    

 
 
長年の腰痛と体調不良でお悩みで、グルグルと様々な所を回られたそうです。
 
 
今回は、2回目で症状がだいぶ落ち着いたようで、安心しました。
 
 
そしてなんとっ!お土産いただきました。
 
 
やはり気にかけてくださる気持ち、嬉しいですね。
 
 
今日からキュウリ祭りです(笑)
 
 

 
 
今後も感謝の気持ちを忘れず、お一人ひとりが自分らしい健康と笑顔で過ごせるよう、お手伝していく所存。
 
 
しかし、全て方が順調に回復される訳ではありません。
 
 
ストレス過多、手術の瘢痕、食事の偏りからの内臓疲労だったり、慢性的な睡眠不足、HSPがあったり・・・
 
 
捻挫やケガが1日で治らないように、回復が遅いケースは、遅いなりの理由がいくつもあります。
 
 

こんにちは木村です!     もうすぐ2020年も終わりますが、皆さまどんな1年だったでしょうか。     コロナも未だ収束が見えない状況で、不安に思う方も多いのかな…     何も知らずコロナ・コロナと怖がっていると、アドレナリン(覚醒ホルモン)をたくさん作り、わたし達はストレスに負けないように出来ています。     しかしアドレナリンも出過ぎると悪さをして筋肉を痛めるので、何事も塩梅(あんばい)が大切     そのバランスを調整してくれるのが自律神経です。     例えば妊婦さんの「つわり」         セラピストもつわりのメカニズムを知っていれば、ある程度は施術とサプリメントなどで対応可能ですね。     早く収まれば問題ないですが、「長引くつわり」の場合、実は自律神経と血糖値が関係する場合もあるんですね~     実際は、ほとんどの不調で神経系トラブルって起こっています。     一生懸命にほぐしてもらってるけど…なかなか改善しない時は整体の常識を疑え!です。(笑)     新潟CBS整体は、自律神経を含めた神経系のトラブルが大得意ですので、お気軽にご相談くださいませ。
こんにちは 木村です!     気づけばもう12月     あっという間に2020年が終わろうとしていますが12月のお休みをお知らせいたします。         春から始まったコロナ・コロナ・コロナ…     少しウンザリしてますが、メディアの情報の踊らされないよう、現時点での正しい知識を元に行動したいですね!     怖いという感情が大きくなり過ぎると、自律神経系の不具合が起こり、その後にホルモンバランスの乱れ・・・     そんでもって最後に「不調な症状」の順番ですよ~(笑)     こういった意味で「心身一如」などと言われる由縁です。     身体がダメになれば、心は疲弊する。     心が疲弊すると、身体にも影響を及ぼす。     感情ストレスなんて関係ない金属の機械だって摩耗するんです。     2021年に向けて良いスタートを切るためのメンテナンスしてあげてくださいね。    
ようやく梅雨が明け、夏らしくなりましたね。     温度、湿度、季節の変わり目に体調がすぐれない時は、ホメオスタシス(恒常性)の機能が低下しているかも知れませんね。     人は暑ければ汗をかき、寒ければ身震いして体温を上げ、悲しければ涙を流し、お腹がすけば腹が鳴る(笑)     すべて全自動で行っています。     その全自動制御をスムーズにおこなうために、自律神経系がある。     自律神経は、寝ているとき、食事のとき、24時間365日、働き続けてる優れものですが、     電磁波など環境ストレスに敏感に反応して誤作動するパターンも実は多い。     疲労感が抜けないなど不調にも密接に関係しています。     密にならない滝や自然の中でアーシング(放電)もおすすめ。         もちろん素足で♪     《8月のお休みをお知らせいたします》