HSP

こんにちは新潟CBS整体wat51です。
 
 
近々のお知らせになってしまいましたが・・・
 
センサイ会議のお知らせです。
 
 
2月のテーマは、
話したいことや興味のある話、聞いてみたいこと、自由に話し合います。
 
 
失敗や上手くいかない時にどうやって気持ちを切り替えてるか?
 
緊張して身体に力が入りやすい など・・・
 
お話の後は、みんなでワークをやりながら自己理解を深めたいと思います。
 
 
ワークの内容は【誰も教えてくれない!姿勢とストレスの関係】について、木村がお伝えします。
 
お互いのことを話したり聞いたり、安心と受容できる場所にしたいと思います😊
 
 
 
 
・環境変化で不調が起きやすい
 
・繊細の自覚はあるけど、どうしていいかわからない
 
・周りに自分と同じような悩みを持つ人がいない
 
・実はすごく気をまわしているのに誰にも気づかれなくて悲しい
 
・気になることを何でも相談したいなど・・・
 
 
初めての方もお気軽にお問合せお待ちしております✨
 
 
特に初めての参加は勇気がいると思いますが、心配いりません!
 
みんな不安と緊張でドキドキです👍(笑)
 
 
 
 
■日時:2月28日(水) PM1時00分~2時30分
 
 
■場所:新潟CBS整体wat51
 
 
■対面またはオンライン(Zoom)参加も可能です。
 
 
■参加費1,000円(当院のご相談者さまは500円)
 
 
■ZOOMで参加を希望される方は、お支払いが完了しましたら資料をお送りします。
 
 
お気軽にお問い合わせください✨
 
 
 
 

 
 
 
 

こんにちはイワモトです。
 
 
先日ご相談者さまから沖縄のお土産をいただきました✨
 
 

 
 
さんどお菓子、石鹼、そして・・・そして顔パック(笑)
 
お菓子はコーヒータイムのお供に。
 
手作り自然石鹼は、私はハイビスカスを。
 
そして先生がフコイダンモズク石鹼を。
 
最後に顔パック。
 
 

 
 
これはどうする?先生と二人で悩みました。
 
その時、神棚の方角から「そのパックをつけよ」
 
 
天の声
 
 
そんな声が聞こえたような、神様のお告げか?
 
空耳か?
 
テレパシーか?
 
いや・・・きっと第六感と信じたい。
 
 

 
 
色々と考えるうちに、なんだか・・・顏パックが気になる。
 
気になって仕方がない。
 
なぜか引き込まれている私。
 
 

 
 
いつの間にか、シーサーパックをつけて受付カウンターに立っている自分がいました・・・。
 
 

 
 
保湿力が良くて顏がしっとり。
 
唯一の難点は、私自身のおでこが狭くてパックが余るところ・・・。
 
 
そしてシーサーよりアジャコングに近い気がするのは、私だけでしょうか。

血糖値と不安障害

こんにちは木村です。
 
 
前回、エナジードリンクについて書きました。
 
そこではカフェインの過剰摂取は・・・そんな内容でした。
 
実は、もう一つエナジードリンクには注意する事が「砂糖の量」です。
 
 
エナジードリンク砂糖
 
 
有名なエナジードリンクであるレッドブル1本250mlに約7個分の角砂糖が入っています。
 
砂糖は、食品を保存したり料理の「さしすせそ」に例えられるくらい日常生活に浸透しており、本来は悪いモノではありません。
 
問題は、摂取する量なんですね。
 
 
中でも精製された砂糖を日常的にたくさん摂取すると、体内で血糖値が不安定になりやすくなります。
 
そうすると頻繫にイライラしたり、怠くて眠気が増してやる気が起こらないetc
 
血糖値をコントロールできないときに「糖尿病」をイメージするかもしれませんが、
 
実はその逆でインスリンが効きすぎて「低血糖」という状態になる人が意外と多いんです。
 
低血糖は、脳にエネルギーが行きわたらず 不安・不眠・怒り・パニックなどの、自律神経系の不調や神経過敏のスイッチとしても優秀。
 
 
不定愁訴
 
 
低血糖発作を起こすと意識が遠のいたり、目まい、貧血や月経前症候(PMS)とも似たような症状も起こります。
 
イライラや精神的な疲れを取ろうとして、甘いモノをくり返して摂取していると様々な不調につながることがあるのでご注意くださいね。
 
心の不安定、うつ病のような症状は、血糖レベルの不調というケースの方もたくさんいます。
 
大量の糖質が血糖値の乱高下を招いて、体にさらなるストレスを与える・・・
 
疲労回復・ストレス解消のつもりが、逆効果となり健康の前借りにならないよう気をつけたいですね。
 
 

こんにちは木村です。
 
先日も3年も放置していた自律神経系のご相談がありました。
 
そこで改めて気づいたこと。
 
 
自律神経系の不調は、「お腹は関係ない」と思われている方が圧倒的に多い。
 
 
一般常識では、お薬・運動・ストレッチ・セルフケアなど行いストレスを溜めないように過ごしましょうが定説です。
 
それでもダメなら背骨や骨盤の歪みを直してみたり、効果があると聞くと全て試すような方もいらっしゃる。
 
しかし思うように改善しない時に見落してしまう ”盲点” をお伝えしたいと思います。
 
 
実は、お腹って第二の脳というミドルネームがあります。
 
なぜ・・・お腹が第二の脳なのか・・・
 
それは、自律神経系という赤い糸で、いつも連絡を取り合ってる仲良しな間柄
 
昭和はアベック、平成はカップル、令和ならペア、そんなとこ。
 
 

 
 
だから私たちは、ストレスや極度に緊張するとお腹が痛くなる。
 
 

 
 
ついでに腸内環境という面から自律神経を照らし合わせると・・・
 
腸内環境が悪い方は、食事からビタミン・ミネラルなどの栄養素が正常に吸収できていないことを意味します。
 
食うや食わずで、エネルギー不足の状態で私たちは働けません。
 
 
自律神経エネルギー不足
 
 
自律神経だって同じように混乱して、脳へエラー信号が多く発信されて脳疲労が起こる。
 
 
うつパニック障害
 
最終的に身体のこわばり、痛み、目まいや倦怠感、動悸、呼吸がしにくいなど、自律神経系の症状に。
 
HSPなど感受性が強い方であれば、パニック症や音や光など神経過敏にもつながります。
 
もしお腹の問題があれば、薬などの対症療法に頼るより、根っこの足元から見直すことをおすすめします。
 
「腹巻でお腹を温める」そういった意味でも先人の知恵って理にかなっていますね。
 
個人差はありますが、「人は食べたもので作られている」ことぜひ覚えておいてください。
 
 

腸内環境

こんにちはイワモトです。
 
 
先日、突然に先生からの指令が・・・
 
 
みかんの歴史を調べて。
 
 
え?
 
 
言葉を失いましたが気を取り直して調べました。
 
 
みかんの始まりは約3000万年前の現在のインド、タイ、ミャンマーの周辺。
 
 
最初に栽培を始めたのは中国。
 
 
みかんの仲間は、世界でおよそ900種類あるなか、日本の「温州みかん」は、日本独自の品種です。
 
 
日本のみかんは中国から持ち帰ったもので、当時は「橘たちばな」と呼ばれていました。
 
 
その後、突然変異によって日本独自の種無しみかんが誕生。
 
 
それが「温州みかん」
 
 
※中国の有名なみかん産地、温州地方からあやかったそうです。
 
 
江戸時代では、少しでも長くみかんを食べたいと考えて土壁の蔵に貯蔵していたそうです。
 
 
何も考えず当たり前に食べていましたが、壮大な歴史を知ってちょっと大人になれた気がします。
 
 
 
 
※ここからが大切です。
 
 
みかんに含まれるビタミンCやクエン酸が疲労回復にも役立ち、白い筋部分も栄養があります。
 
 
皮は漢方などで使用されていますが、今回はスルーで。
 
 
ここまでは誰でも知っている内容です。
 
 
 
 
実は、その薄皮にも栄養がたっぷり含まれています。
 
 
ミカン薄皮
 
 
特に、薄皮の部分には白い筋の数倍の食物繊維が含まれていて、腸内環境の改善にも効果的✨
 
 
お腹に優しいんですね。
 
 
ぜひ、白い筋部分と薄皮も一緒に食べてみてください✨
 
 
 
 
今回のみかんは、木村先生がFacebook経由で全く見ず知らずの方からみかんを購入。
 
 
腸内環境
 
 
農薬、化学肥料など一切使用していない、昔ながらのミカンに惹かれたそうで・・・
 
 
見た目はよくないけど、甘味と酸味のバランスが良いじゃん!と3回も連呼。
 
 
 
 
 
 
2回は、聞き流しました。

こんにちは木村です。
 
 
「日頃から食べるモノや栄養について」
 
 
アドバイスを求められること、よくあります。
 
 
私たちの身体って食べたものから出来ています。
 
 
毎日、ジャンクフードを食べたら何となく心身に悪影響があるだろうな・・・
 
 
感覚的には理解している方が多いと思います。
 
 
ただ、そのさじ加減というか「正解がわからない」という声もあります。
 
 
 
 
メジャーリーガーのダルビッシュ有選手のコメントを引用すると・・・
 
 
「昨日までの食事が今の体を作っている」
 
 
 
 
私たち一人ひとり性格が違うように、身体にも性格ともいうべき個性があります。(消化能力もふくめて)
 
 
牛乳を飲んでお腹をくだす人、大丈夫な人います。(消化酵素のこと)
 
 
また生活環境や食べるものが違い、人により不足しやすい栄養も違ってくるので、試しながら様子見が良いのかなと思います。
 
 
また身体に良いとされるスーパーフード類をたくさん食べるより、わたしはスローフード派。
 
 
地域の伝統的な食文化も好きで、先人の知恵テンコ盛りな保存食もお気に入りです。
 
 

 
 
日常でよく使う醬油でも昔ながらの手法で木桶で仕込みで、余計な添加物などが入っていないのが私の選ぶ基準です。(笑)
 
 
添加物に関しては神経質になってはいませんが、無理に入れる必要はない。が私の考え。
 
 
食品というものは、手を加えれば加えるほど栄養素が破壊されていきます。
 
 
コンビニ飯やスーパーマーケットのお惣菜、忙しい時、疲れすぎて動けないときは本当に助かります。
 
 
ただ利便性を追い続けると、必ずどこかに歪みが起こります。
 
 
食に関しても「メリット・デメリット」を理解して、どこかで帳尻が合うようにしていきたいですね。
 
 
何事もよい塩梅で。

こんにちは。
 
 
歯科医院に通い続けているイワモトです。
 
 
終わらない(笑)
 
 
2か月前から奥歯の歯茎に膿ができはじめ、日を増すごとに肥大。
 
 

 
 
歯科医院に行くと、歯のかみ合わせが原因で負担がかかっているとのこと・・・
 
 
奥歯が炎症して、歯にもひびが入っているので何とかしなければならない。。。
 
 
選択肢は「インプラント」か「ブリッジ」
 
 

 
 
初めて聞く言葉にショックで固まりました。
 
 
歯を失う悲しみと30歳にして究極の選択・・・
 
 
あぁ、ショック(現実を受け入れられない)
 
 

 
 
 
 
暫く落ち込んでいましたところ、顔の筋トレを始めました(突然すぎる)
 
 
頬と口周りを鍛えるトレーニング(飲み物をよくこぼすので)
 
 

 
 
やればやるほど顏の下半分がスッキリしてきたので、毎日続けていたところ・・・
 
 
どうやら顔の筋トレで、血行が良くなったから?奥歯の歯茎の膿が少し小さくなった気がしました。
 
 
普段、眠っていた筋肉を動かす事って大切なんですね。
 
 
「喜怒哀楽」という四字熟語がありますが、よく笑ったりよく泣いたり、表情豊かに感情を表現する。
 
 
あたりまえの事かもしれませんが、難しくもあり・・・日頃から意識したいと思いました。
 
 
歯茎の膿よ・・・もっと小さくなれ。(切に願う)

こんにちは木村です。
 
 
10年ほど前に、ある講習会に参加した時に「日日是好日」という言葉を知りました。
 
 
一期一会なんて皆さんもよくご存知だと思います。
 
 
この短い言葉の中で禅の教えを説いたものが禅語であり、一時ドハマりしていました。
 
 
私の捉え方で「日日是好日」は・・・
 
 
むやみに過去を悔いたり、未来に必要以上の期待をせず、今を生き切ることが大切。
 
 
要はいつも全開でシャカリキに生きる。
 
 
わたしは出来ているのだろうか・・・
 
 
以前は、施術で自分が思うほど効果が表れなかったりすると、落ち込むまでは行かないとしても。引きずってしまうことがありました。
 
 
でもそれは、自分が作り上げた感情で、どの日も「ベストを尽くす」ことが出来れば良い日なのかもしないと最近は思うようになりました。
 
 
ただのベストを尽くせる状態をキープするには、常に心身を整ておく必要があります。
 
 
朝のニュース、占いコーナーで自分の星座がランキング下位に・・・
 
 
オーマイガー!っと叫び気持ちが変化するようでは、ベストは尽くせません。
 
 
その一日が良い日になるか、悪い日になるかは、私たちの心がけ次第でどうとでも変えることもできる。
 
 
否定的だったり、後ろ向きの言葉ばかり発していると、良い事なんて起こりません。
 
 
世界にマインドフルネスがあるならば、日本にも禅語あり。
 
 
見方や捉え方を変えてみるって脳のエクササイズになり私は好きです。
 
 
盛んに使われている多様性(ダイバーシティ)と同じだと思っていて、否定しないと人間的な柔軟性があがる気がします。
 
 
見方を変えてみる、おすすめです。(味方も変わるかも)
 
 
 
 
 
話は変わりますが、今回に地震で佐渡と能登の間には亀裂がまだあるそうです。
 
 
ともすれば今後、新潟でも同じように災害に見舞われるかもしれないね~なんてお話を伺いました。
 
 
災害マップの確認や防災対策のグッズを揃えていこうと思う、今日この頃です。
 
 
対岸の火事ではなく、いざという時に新潟市ハザードマップ、ご利用ください。
 
 
 
 

こんにちは木村です。
 
 
今日は「グルテンと身体」について。
 
 
世間でもグルテンフリーの食品が手軽に買えるようになりましたね。
 
 

 
 
 
そもそも、グルテンって何?という方に。
 
 
小麦粉には「グルテニンとグリアジン」2種類のタンパク質が含まれます。
 
 
小麦粉に水を加えて・・・練って練って練って絡み合い・・・
 
 
グルテン相撲
 
 
ついには、なれの果てには、粘りが出て、「グルテン」に進化・・・
 
 
はい、グルテンの出来上がり。
 
 
 
 
グルテンは、小麦粉を美味しくするタンパク質で、パスタ・うどん・パンなど、もちもちとした食感は「グルテン」のおかげです。
 
 
ただ良いことばかりではなく、気になる点もあります。
 
 
 
 
※「消化されにくいため腸内に留まってしまう」こと。
 
 
 
 
腸内に残ったグルテンの影響で、体内でどのようなことが起こるのか・・・
 
 
アレルギー反応やアトピー、喘息、下痢、便秘、腹部膨満感・・・
 
 
また慢性疲労感、集中力低下、鬱っぽい、気分障害、目まい、腰痛~頭痛など多岐にわたります。
 
 
個人差はありますが、そういった症状に心当たりがあればグルテン不耐性の可能性もあると思います。
 
 
あとは、体にとって悪い物質(毒素)が血液の中に流れやすくなります。
 
 
いわゆる腸漏れ症候群(リーキーガット症候群)といわれている状態。
 
 
とは言え死ぬわけではないので、医療機関などでは問題視せず、あしらわれるかもしれません。
 
 
グルテンが不完全で消化されることにより、モルヒネと同じような物質が体内に駆け巡ります。
 
 
快感物質とも言われており、その快感を脳が覚えているので強い依存を引き寄せる。
 
 
グルテン
 
 
 
 
いわゆる小麦製品の「粉もん」を無性に食べたくなるのは、このためなんですね。
 
 
お菓子類、コンビニ食、市販の調味料、麻婆豆腐などの素系、あらゆるモノに入っており、小麦粉を全く食べない生活は、なかなか難しいと思います。
 
 
ですが疲労感が抜けない、仕事に集中できない、お腹の調子がずっと悪い、アレルギーがひどい、などの症状で悩んでいる方は、
 
 
グルテンを減らすなど調整した食事を試してみるのも良いのではないでしょうか。
 
 
 
 
何かを1歩踏み出すことで、結果が変わります。
 。
 
以上、現場からグルテンの小話でした。

こんにちはイワモトです。
 
 
2024年 元旦に地震がありました。
 
 
一刻も早く収束することを願って、へこたれずに初詣へ・・・
 
 
ひいたおみくじは「小吉」
 
 

 
 
なんとなく全てにはっきりしない夜明け前
 
 
「焦って独断で冒険すると危ない。」
 
 
と書いてあります。
 
 
焦ってすぐに判断する、まさにです・・・
 
 
やらかし事や失敗は数知れず
 
 
いったん落ち込んだ後は、今できることを考えて行動し続ける。
 
 
こんなポジティブマンになれるときもあれば、漠然とした不安感に襲われて沼にはまる時もあります。
 
 
以前読んだ心理学の本に、こんな考え方がありました。
 
 
「自分が辛いときに、親しい友人を思いやるような接し方で自分自身に接する」という考え方
 
 
ネガティブの沼にはまって自分を責めたり、自分ではどうにもならない大きな壁にぶちあたった時。
 
 
落ち込んだときや失敗したときなど、自分を責める癖がわたし自身ありますが、責めることにも体力を使います。
 
 
ドMであれば喜びに変わるかもしれませんが、沼にはまるときは、
 
 
自分責めから「自分を思いやる」
 
 
そして自分自身が1番の味方でいる。
 
 
こんな考え方も素敵だなと思いました。
 
 
とりとめのないブログを読んでいただきありがとうございました。(笑)