生きづらさを考える
 
 
日本は、海外に比べると平和で豊かです。
 
 
よほどのことがない限り、生死にかかわること、生活に困窮することはありません。
 
 
学校だって義務教育までエスカレーター式
 
 
実際のところ衣食住をふくめ豊かな社会で、AIなど革新的な技術も進歩している。
 
 
その反面、引きこもりが100万人を超えており、多くの人が幸せであるとはいえない現状もある。
 
 
その背景には、人々の抱える生きづらさの問題があるように思います。
 
 
私自身も、どこへ行っても改善しないお悩みの方、感受性が強いHSPの方々をケアしてきた中で一定数の方が不調をくり返すことに以前は疑問でした。 
 
 
なぜ同じように、くり返すのだろう・・・
 
 
くり返す方って、まじめで、プレッシャーや使命感で心が折れそうになりながらも、頑張る人が多いのかなぁと感じています。
 
 
遠慮がちで自罰的、自己主張が苦手な気配り上手…でも結果として心身に問題がおこる。
 
 
みんな同じストレスに耐えれるわけではなく、個人差があります。
 
 
たとえば・・・不登校
 
 
今までは、「メンタルが弱い・過敏」など個人の性格的な問題と片付けてしまうケースも少なくはない。
 
 
性格的な問題でかたつけるのは昭和な考え方だと思います。
 
 
やる気が出ない、精神的に不安定な状態のとき、傍目からみると「調子わるいのかな?疲れてる?」と見えてしまいます。
 
 
しかし、カラダの中では何が起こっているのか?自律神経のバランス崩しているから結果的に「やる気が出ない、精神的に不安定」になったと考えることもできます。
 
 
数年前から保育・療育者の方々にも愛着形成(愛着障害)という考え方が、やっと少しずつ認知されはじめました。
 
 
 
 
《愛着障害》
受胎から成長期にかけて、さまざまな理由で受けるさまざまトラウマが原因で、愛着の形成がうまくいかず自律神経系の発達を妨げられたとき、生きづらさという形で現れることが多くあります。
 
 
 
 
生きづらさを抱える人たちにカウンセリングなどの心のケアも大切です。
 
 
しかし、その心や感情を作り出すセロトニンや自律神経など科学という面からもヒモ解くと、より穏やかに過ごせるヒントが見えるようになります。
 
 
教育も多様性を取り入れるなら、もっと様々な視点からみてあげたら良いのに…
 
 
今までの教育者向けのセミナーや講演では、こう言った内容が不足している部分なので、生きづらさを抱える人たちを支える教育者の方々にも今後は、伝えていきたいと考えています。
 
 
 
 
 
 

ご相談は、お問い合わせボタンをクリックしてください

 
 

《移転のお知らせ》
 
 
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 
 
平素は格別のご高配にあずかり心より御礼申し上げます。
 
 
急ではございますがこの度、新潟CBS整体wat51は、移転することとなました。現在の女池では4月30日までの営業となります。
 
 
新店舗は、JR亀田駅東口より徒歩1分、走れば30秒と大変、交通の便が良い場所になり、近くには亀田公園、江南区特別支援学校、ふれ愛プラザなどがあり、静かな環境のなかで気持ちを新たに5月上旬に再開いたします。
 
 
今後はHSP(敏感で繊細な人)の不調改善、サポートに精力的に取り組んでまいります。
 
 
神経系の専門として、グレーゾーンのお子様や発達支援にも一層の努力を重ねてまいる所存です。
 
 
まずは略儀ながら日頃の御礼かたがたご案内申し上げます。
 
 
令和3年4月15日
 
 
新所在地:〒950-0121
新潟県新潟市江南区亀田向陽3丁目1−15ヴィラシャルムA
 
 
新潟CBS整体 wat51 木村行一

人のイメージから考えてみる。
 
 
初めて会う人に対して、15秒で第一印象が決まると言われています。
 
 
人の印象は声、表情、動作など目と耳からの情報が大半を占めます。
 
 
五感のうちの2つです。
 
 
 
 

 
 
 
 
私自身も職業柄、お酒もホドホド、常に健康的でバランスの取れた食事、お菓子なんて食べなさそう・・・
 
 
そう見られることも少なくありません。
 
 
お客様のお心遣いで、「おやつにどうぞ」とお土産をいただく事があります。
 
 
先日もお客様が、申し訳なさそうに・・・
 
 
 
 

 
 
 
 
もちろん有難く頂戴しましたが、職業の印象って、改めて脳内イメージとして残ると感じた次第。いまさらね。
 
 
大丈夫か俺。
 
 
今回は良い例ですが、人って良くも悪くも脳内イメージが残ります。
 
 
悪い例でいうと、過去の衝撃的な光景、怒鳴られたりすると、脳の奥底にポートレート(写真)のように残り、実は継続的なストレス反応を起こしています。
 
 
例えばイラク戦争から帰還したアメリカ兵が多数のPTSD(ストレス障害)が発症し、日常生活にも支障をきたしている人も多い。
 
 
もう戦争は終わってるいるのに、今戦場にいわるわけでもないのに・・・
 
 
凄惨な光景が脳内イメージに残ること、想像に難しくありません。
 
 
しかし、戦争から帰還した兵士全員がストレス障害を発症するわけではありません。
 
 
なぜか?
 
 
それは、ストレスを受けやすい人、受けにくい人がおり、調べることが可能でして、話が広がり過ぎるので折を見て。
 
 
ところで私たちは、どこでストレスを感じると思いますか?
 
 
五感の中でも目と耳から入ってくる情報は、とても重要と冒頭で書きました。
 
 
悲しい映画を見て、切なくて涙が流れたとします。
 
 
無音では、臨場感を感じずらいのではないでしょうか。
 
 
シーンに合わせたBGMがあってこそ、私たちは映画の世界観に浸ります。
 
 
そして結果として、感情に変化が起こり涙します。
 
 
「目からの映像、耳から音」ほとんどの情報を得て、脳が認識して涙がでる。
 
 
身体の不調も同じで、目や耳からの情報が「主なストレス源」であり、ここから始まるといってもよいくらい。
 
 
 
 

 
 
 
 
自律神経系を過敏にさせたり不安定になり、筋肉がトラブルを起こすことは珍しくありません。
 
 
当たり前ですが目や耳も神経を通じて、脳~筋肉すべてにつながっています。
 
 
次回は、なぜ私が施術で目や耳を使うのか?書きたいと思います。

なぜ、涙が流れるのか。
 
 
涙の意味、考えたことありますか・・・
 
 
その涙は、3種類にわける事ができます。
 
 
1、目の保護や酸素供給するために分泌される涙
 
 
2、煙やゴミが目に入ったとき、玉ねぎを切った時に出る刺激性の涙
 
 
3、情動の起伏により出る感情性の涙
 
 
では、3タイプとも味は、同じなんだろうか・・・
 
 
人は外界から何らかメッセージを受けとったとき、脳で「好き・嫌い」「快・不快」といった感情に基づき自律神経を通じて体が反応します。
 
 
※私は、自律神経とかそんな小さな括りではなく、いかに脳に認知させるかを一番大切にしています。
 
 
涙は、交感神経と深く関係しており、感情により交感神経が優位になると涙腺が刺激され、涙が流れる。
 
 
悔しさや怒りの感情で流れる涙は、ナトリウムを多く含んでおり、塩分が多いのでしょっぱく感じる。
 
 
一方、悲しいときの涙やうれし涙は、水っぽく甘い感じがします。
 
 
感情により涙が流れると、「ノルアドレナリン、アドレナリン」といったストレスホルモンも涙と一緒に体外に実は流れ出ている。
 
 
感情がたかぶり流れる涙には、ストレスの原因となる物質を排出する大切な役割がある。
 
 
悲しい時、悔しい時に思いっきり泣くことは理にかなっていると言えます。
 
 
目にゴミが入り涙が出てもストレス物質は流れませんよ。。。
 
 
涙は、ストレス物質を排出し、苦痛を緩和する優れたシステムを私たちは、持っています。
 
 
そのストレス物質であるアドレナリンは、ストレス反応の中心的役割を果たしています。
 
 
あるNETでは、アドレナリンを上手に利用して「代謝が上がる」など、あほっぽい記事を目にしましたが、よくまぁ書けたものだなと逆に関心。笑
 
 
年中無休で激ストレスを感じれば、溢れんばかりにアドレナリンが放出されるでしょうね。
 
 
必ず不調になるけど・・・
 
 
実際にアドレナリンは、身体にとって猛毒であり、いくらストレス反応で必要なホルモンでも過ぎたるは及ばざるが如し。
 
 
悲しい、苦しい、怒りなど様々な感情の起伏がある時は、泣くことで感情と共にアドレナリンまで流しましょう。
 
 
クライアントの施術中にいきなり涙が出ることもありますが、あれは感情解放しているるだけでありOK牧場。
 
 
薄っぺらい知識と技術や行動分析で当てはめる感情解放は、副反応が起こり逆に体調不良になりかねませんので気をつけてください。
 
 
ストレス耐性って個人差がありますが、そもそもなぜ個人差ができるか不思議ですよね。
 
 
実は、自分が耐えれる容量って幼少期で決まるようです。
 
 
そのへんは別の機会に。
 
 
 
 

脳は最後の言葉を強く認識するそうです。
 
 
コンチクショーで終わらず、最後はポジティブな言葉でしめるのが良し。
 
 
「ま・・・いっか」そんなくらいが、程よいらしい。
 
 
イライラすると、交感神経が優位になり、アドレナリンという神経伝達物質が分泌され心臓はコレでもか!
 
 
ってくらい血液を送り込み、血圧上昇と共に目が小さい僕でも大きくなり、一時的な幸福感を味うことが可能に。
 
 
アイプチより凄いけど、身体には悪い。
 
 
そう・・・
 
 
忘れもしない中3の夏休み・・・
 
 
気になるクラスメートの子とばったり・・・
 
 
3秒間だけ、視線が合っただけなのに・・・
 
 
脈拍数が増え、ドキドキした記憶あり。
 
 
いわゆる交感神経スイッチON。
 
 
今では皆無、、、スレたな俺。
 
 
 
 

 
 
 
 
今では・・・職業病とも言える解剖学的な目線で考えてしまうアンチクショウに成り下がる。
 
 
それでも・・恋は・・・恋  そんなオジサンの歌もありましたね。
 
 
交感神経が常に優位に働くと当然ながら眠れなかったり、消化不良や便秘になりやすかったり、様々な弊害がおこる。
 
 
実際は、優位に働くのが悪いのではなく「上手く切り替わらない」ことが問題。
 
 
交感神経が優位のまま生活していると、間違いなく「胃の不調」に出くわす。
 
 

 
 
なんせ副交感神経がしっかり働いてこそ、消化液がしっかりと出て消化を助けるのでね。
 
 
よく咀嚼(かむ)することが前提の内容になりますけど。
 
 
だから食事中はイライラする事は考えないほうがよい。笑
 
 
昔から食事中にケンカしたり、問題が起こると「食事が不味くなる」なんて言葉もあるのは、あながち的を獲ているのかも知れませんね。
 
 
何でもかんでも自律神経を犯人に仕立てる人も多い業界ですから、そこは負のループに巻き込まれないようお客様自身もある程度は学ぶって必要かなと。
 
 
不確定な情報があふれる時代ですから。
 
 
ちなみに胃の不調をみるなら、入口(噴門)なのか全体の(胃体)?それとも出口(幽門)なのか?
 
 
全て部位を個別に交感神経が優位なのか?副交感神経が優位なのか? 
 
 
手のひら一つ、30秒あれば確認できるので胃の不調を感じる方、お気軽にご相談くださいませ。

一昨日、初めてのクライアント様 「1週間前から腰が痛い」
 
珍しい症状ではないし、むしろ多くの方が1度くらいは腰痛を経験されてる方も多い。
 
伺うと、実際は「不調期間」がえらく長い…ふむふむ。
 
いざカラダの検査へ…
 
・問診=聞く
 
・触診=触る
 
・検査=動かす、カウンセリングの最後に「現状と今後の進め方」をご説明。
 
そこで不満そうな表情がみられました…
 
きむら:え?
 
 

 
 
……………………………………………………………………
 
 
……………………………………………………………………
 
 

少し、間が空き、残念そう表情で、こんなに丁寧に説明されたことないです。今まで通った店の説明は何だったんですかね?
 
お客様はカラダの素人であり、解らないので信じるしか、方法は残されて無いわけです。
 
特別な言葉は要らないし、どうして繰り返すのか?なぜ痛いのか?細かく順番に説明することが大切ですよね。
 
一般的な腰痛なら、カウンセリング中の検査中に動かしながら、痛みが変わるのが体感できます。
 
骨の歪みが全ての原因なら、腰の曲がったお年寄り(老人性円背)は全員…絶不調です。w 歪みを通り越して、変形してるんですよ?笑
 
ストレスが原因かも知れません!なんて言われた経験者も多いハズ。
 
では「心とカラダ」どんな繋がりがあるのか?気になる方は信頼されてるセラピストに聞いてください。
 
生理学的にも、内臓とストレスの関係は「赤い糸」で結ばれています。
 
 

 
 
そこにはホルモンが関係する事も多いし、セラピストなら当然知ってる、内分泌系と外分泌系…
 
ホルモンは焼いたり、煮たりして食べるだけじゃ…ないっっ!
 
 

 
 
じゃ、ストレスに対抗するホルモンは何?コルチゾールなんか一般的ですが、それどこの内臓が出し(分泌)てる?拮抗ホルモンは?
 
なーんて掘り下げていくと、考え方が変わります。
 
考え方が変われば、アプローチが変わる。アプローチが変われば結果も変わる。
 
何事も基礎は大切で、ウチの生徒にも言えますが、「知ってる」と「出来る」では違う。

そこを踏まえてしっかり伝えたいし、僕自身もホフク前進あるのみ。

今回のクライアント様も最終的に腰痛も軽減され変化を感じていただけたので、とりあえず一安心。

不調期間が長いほど、回復にも手間取るケースは多いので、今後のステップアップに期待ですね。

先日、お母さんのご依頼で小学生のお子さんを担当させていただきました。
 
1ヶ月も首が痛い…
 
はてはて、どんな感じなのかとカウンセリング…
 
触ると体のアチコチが痛いと言う。ふくらはぎも、顔をしかめる位に痛がる。
 
毎日お菓子を食べ、ジュースも飲む。なんて情報もあり。
 
 

 
 
ふむふむ。
 
内臓疲労からくる症状かな?なんてお母さんと話しながら、いざ施術へ
 
がしかし何度も筋肉反応テストしても、ストレスから処理しろと出る…
 
何故だろう?半信半疑のまま、筋ハン信じてストレスの解放からスタート。
 
ーー中略ーー
 
ストレスの解放が終わり、一応確かめてみる。
 
ん…服らなどを触り、自分の手の感覚を疑いました。
 
もしや…
 
木村:首痛くない??
 
お子さん:うん…と小さくうなずく
 
 
あら…
 
え…
 
 

 
 
どんだけ~~~と、叫びたくなるようなエンドロール。
 
筋肉や骨格をアレコレして良くならない方って、ストレスの影響も大きんじゃないか?改めてストレスと体の関係の重要性を感じましたね。
 
今回はお子さんでしたが、人は良くも悪くも環境に慣れてしまう動物です。
 
生活の中でストレスが持続してしまうと、だんだんと麻痺して、それが当たり前になってきます。
 
気がついたら身体も慢性的に悪い方向へ変化していたということはよくあります。
 
どんなに優れた栄養やサプリを摂っても、運動してストレス発散しても、根本となる大きなストレス要因にフォーカスしない限り、揉みほぐしなんて対処療法に終わってしまうかもしれませんね。
 
まずは、自分にのしかかる目の前のストレスコントロールする力、施術を通じてお伝えできれば。