こんにちはスタッフ岩ちゃんです。
 
 
まいにち危険な暑さが続いております。
 
 
38℃って、、、灼熱じゃないですか。暑すぎる。。。
 
 
木村先生は休日に洗車と草取り&木の伐採で、真夏の洗礼をうけたそうです・・・
 
 
休み明けは心なしか細くなっていた気がします(笑)
 
 
私も草取り始めようかな・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
先日はご相談者さまからお菓子をいただきました。
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
珍しいはちみつ味。箱もおしゃれ・・・
 
 
アルファベットをどこから読んで良いのかわかりませんが、可愛いです✨(笑)
 
 
DRESSいうケーキ屋さんだそうです✨
 
 
はちみつ味で箱も可愛い・・・くまの〇ーさんも顔負けではないでしょうか。
 
 
お味もほんのり甘く、おいしかったです!
 
 
木村先生セレクトのコーヒーのおともにぴったりでした✨
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
別の日にもお菓子をいただきました。
 
 
シャトレーゼさんのどら焼きとプリン。
 
 
どちらも甘すぎず、大人の味✨
 
 
口当たりがサッパリして美味しかったです。夏に合いますね🎵
 
 
ど〇えもんが大人のどら焼きを食べると・・・
 
 
 
 
 
 

 
 
成長する気がします。大人への階段・・・
 
 
 
 
日頃から温かいお心遣いをありがとうございます。
 
 
ご縁を大切にしながら、真摯に向き合って、お返ししていきたいと思います。
 
 
 
 
皆さまよいお盆をお過ごしくださいませ🙇✨

こんにちはイワモトです。
 
 
たまに自分の平熱を測るのですが、何度測っても35℃台。
 
 
前は36℃台が当たり前だったのに…30代からおかしい…
 
 
そもそもなぜ体温が下がったのだろうか。
 
 
ネットで検索するも、情報がたくさんあり過ぎて迷走…
 
 
 
 
あ!
 
 

 
 
そうだ…先生がいるじゃないか!
 
 
聞いてみました。
 
 
 
 
岩本>先生、平熱がずっと35℃台なのですが、なぜなんでしょうか?
 
 
キム>老化。
 
 
 
 
岩本>・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
デリカシー!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで、気を取り直して老化する原因を。
 
 
老化=酸化・糖化・脱水
 
 
もちろん年齢も関係しますが、老化を加速させるのがこの3つだそうです。
 
 
もう少し掘り下げてみます。
 
 
 
 
≪酸化≫身体のサビ
 
 

 
 
ストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、多量飲酒、紫外線etc…
 
 
私たちの体は酸素を取り込んでエネルギーを作りだしていますが、同時に活性酸素も生じています。
 
この活性酸素が私たちの細胞を傷つける老化の元。
 
 
 
 
≪糖化≫身体のコゲ
 
 

 
 
糖分のとりすぎやフルーツ、美味しいモノ食べ過ぎetc…
 
血液中に余分な糖分があると、体内のたんぱく質や脂質と結びついて、老化促進物質であるAGEs(エージーイー)といわれる糖化最終生成物を作り出してしまいます。
 
 
 
 
≪脱水≫水分不足
 
 

 
 
私たちの身体の60~70パーセントは水分です。
 
お水を飲まないと皮ふも筋肉も細胞もカラカラに…
 
コーヒー・ジュース・スポーツドリンクなどは嗜好品なので注意。
 
 
 
 
年齢を重ねると筋力が落ちやすい。
 
 
筋力が落ちると身体の水分を保ちにくくなる…
 
 
でもハードな運動は腰が重い。
 
 
でも、、、少しはあらがいたい…
 
 
ということで私はビタミンCを選びます。
 
 
 
 

 
 
何かあったらビタミンC。
 
 
1にビタミンC。
 
 
2にビタミンC
 
 
大量に飲みたいと思います。
 
 
ちなみにビタミンCは錠剤か粉のサプリがおすすめです♪
 
 
以前にC‐1000ドリングを飲んでいたことがあり、
 
 
一応…確認してみました。
 
 
即答で効果なんぞ期待しない!と釘を刺されました(笑)
 
 

こんにちは新潟CBS整体です。
 
 
気温が上がって日差しが気持ち良い。
 
 
観葉植物たちも育ちざかり。
 
 
植物には空気をキレイに、清潔に保ってくれしてれる効果があります。
 
 
風水的には、気が良い場所に置くと元気に育ち、気が滞っている場所に置くと枯れたり、弱々しくなるそうです。
 
 
ここは気が良いみたいで ”空気が良い” リラックスできるとよく言っていただけます。
 
 
オナラすら浄化してくれるかも…知れません。(笑)
 
 
 
 
それにしても観葉植物たちの成長がすさまじい。
 
 
移転オープンの時に頂いた葉の色が珍しいゴムの木。
 
 
3本のうち、2本の成長が穏やかでしたが、最近は追いつく勢いで伸びてきました!
 
 

 
 
 
 
女池で営業していた頃にいただいた植物。
 
名前…忘れてしまいました…
 
葉っぱも根もぐんぐん伸びて、水やりが楽しいです。
 
 

 
 

 
 
最近は、根っこの部分も東京喰種のカグネみたいに伸びてきました。生命力を感じます✨
 
 
他にもサンセベリアやオリーブの木など、いただいた植物が成長してくれています。
 
 
 
 
いただいた時はコンパクトだったオーガスタ。
 
 

 
 

 
 
今では、天井をつきやぶりそうなほど生命力を発揮。
 
 
トトロの葉っぱだ!・・・よく言われています(笑)
 
 
 
 
これ以上…伸びるとどうなるのか…
 
上の階までつきやぶって欲しいですね。
 
 
これからも成長が楽しみです✨

こんにちは木村です。
 
 
日常で困っていること、世の中こんな風だったらいいのに・・・
 
 
生きにくさを感じたり、悩みを一人で抱え込んだり、自分の殻に閉じ込められている時・・・
 
 
心の息抜きができる場、相談できる人がない、という声もたくさん耳にはいります。
 
 
繊細さんといわれるHSPの人が安心して話せる場所、分かりあえる安全なスペースをつくりたい。
 
 
そんな想いから生まれたセンサイ会議。
 
 
6月21日は第二回目の開催日でした。
 
 
プライバシー保護のためお写真を掲載できませんが、今回も対面とオンラインでの参加形式
 
 
前回に続いて2回目の方、初めて参加の方もいらっしゃいました。
 
 
みなさん緊張した雰囲気の中スタート。
 
 
初めての場所
 
初めて会う人
 
初めて話す内容ってドキドキします。
 
 
今回も、話し合う前に緊張をほぐすために・・・
 
 
 
 
リズム運動についてお伝えしました。
 
 
お行儀が悪いと言われることが多い”貧乏ゆすり”
 
 
リズム運動
 
 
実は、安心するための無意識のリズム運動なんです。
 
 
なぜリズム運動すると安心できるのか?その生理的なメカニズムを簡単にお伝えしました。
 
 
その後に、木村目線のリズム運動(安心するおまじない)をみんなでワーク。
 
 
その後は、テーマに沿って話し合い。
 
 
 
・ HSPのお出かけ編あるある
 
・生きにくいと思う時は?
 
・落ち着くルーティーンは?
 
・HSPで良かったことは?
 
 
 
 
人により感受性が違います。
 
 
どんなことを感じているのか?
 
 
不安を感じた時はどうしている?
 
 
みんなで本音を語り合う居場所。
 
 
感受性が高まり過ぎたときのバランスをとる方法
 
 
工夫している事をみんなで共有したり素晴らしい時間でした。
 
 
 
 
 
《 参加された皆さまのお声 》
 
 
・自分だけじゃないと感じることができた
 
・普段はどことなく、つくろう事が多いけど、安心して話すことができた
 
・いろんなタイプのHSPさんがいることがわかってよかった
 
・HSPの得意なこと、プラスな面、今より更にHSPを受け入れられるお話も聞いてみたい
 
 
 
 
頂いたご意見をもとに、HSPが生きやすくなる環境を作っていきたいと思います。
 
 
ご参加いただいた皆さまありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
次回の開催は7月。詳しい日程が決まりましたら、またこのブログでも告知いたします。
 
 
自分は繊細かも?生きづらさを感じる、音や光に敏感で気になるetc・・・
 
 
このコミュニティは繊細さんが、だれでも気軽に参加できる居場所です。
 
 
気になる方、お問い合わせをお待ちしております。
 
 
 

 
 
 
 

こんにちはイワモトです。
 
 
先日、口の中に異変を感じて、鏡で歯茎を見てみたら腫瘍?っぽいモノができてました。
 
 
ボールのような形。。。
 
 
出勤後にこの話をしたら、すぐに歯医者へ行きなさいとの嬉しい一言。
 
 
きむら先生、、、メルシーと心の中で叫び、さっそく行ってきました。
 
 
そしたら・・・・・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・・・・
 
 
歯の神経、死んでたー!!!
 
 
なぜだー!
 
 
神経を残すという選択肢もないまま、お亡くなりに、、、
 
 
明日はお通夜です。
 
 
 
 

 
 
 
 
悲しい気持ち。
 
 
 
 
職場に戻る前に頼まれたおつかい。
 
 
先生お気に入りのコーヒー豆の専門店へ
 
 
今回は3種類・・・うん、買い過ぎですね。笑
 
 
 
 

 
 
 
 
歯の神経を1本失い落ち込んでいましたが、良いこともありました。
 
 
優しい店主さん(マスター?)が美味しいコーヒーの入れ方、教えてもらいました。
 
 
ということで、
 
 
「明日からコーヒーがもっと美味しくなる」
 
 
そんなコツをシェアしたいと思います。
 
 
 
 
ポイントは4つ
 
 
★お湯の温度は80~85度
 
★お湯を注ぐときは真ん中からチョロチョロ
 
★土手を作りながらお湯を注ぐ
 
★最後に残った泡は、いさぎよく捨ててもOK
 
 
 
 
では実践編へ
 
 
 
 
1.お湯の温度は80~85度
 
 
お湯を注ぎ終わるころには温度が下がるので、器をお湯であたためるのがおすすめだそうです。
 
 
2.お湯を少し注いで10~15秒ほど蒸らしたあと、お湯を真ん中めがけて注ぎます。
 
 

 
 
 
 
真ん中だけ泡の色が変わります。
 
 
3.真ん中の泡がしぼんだら注ぐをくり返し。泡を少しずつ広げてゆきます。
 
 
 
 

 
 
 
 
ここで泡を広げ過ぎないのがポイント!泡の周りに土手を作って、いれたお湯を逃がさない。
 
 
土手が崩壊すると、その隙間からお湯が入ってしまい、豆にしみないで”もったいない”事になるのだそう。
 
 
4.最後は一滴残らず。ではなく少し残したまま捨てて大丈夫。
 
 
最後の泡は野菜で言うアクの部分だそうで、入っても飲めるけど取り除くと、雑味がなくなるそうです。
 
 
 
 
コーヒー好きな方、ぜひお試しください。
 
 
 
 
土手づくり、難しい。笑

キャノーラ

こんにちは木村です。
 
 
白米と日本酒が美味い。
 
 
そしてお腹の地平線が気になるこの頃・・・
 
 
最近は、コロナの行動制限が緩和されて、お酒を飲む機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
今日は、意外と知られていない油の解毒(デトックス)のお話
 
 
キャノーラ
 
 
タバコやお酒=毒というイメージが強いかもしれませんが、他にもあります。
 
 
お酒は、体内に入ると酸化してアセドアルデヒドという”毒素”になり、処理しきれないと二日酔いがおこります。
 
 
これを分解してくれるのがALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)という酵素
 
 
日本人の約40%は、アルコール分解酵素が少ない、または全くないことがわかっています。
 
 
だから下戸の人も多い。
 
 
実は、ALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)ってアルコールだけはなく、脂っこい食べ物が関わる毒の分解も助ける酵素です。
 
 
そこで今日はもっとも普及している「キャノーラ油」についても少し触れたいと思います。
 
 
いわゆるサラダ油です。
 
 
キャノーラ油(植物油)は価格的にも使いやすく、広く使われているため「害はない」という認識の方が多いと思います。
 
 
マーガリン、ショートニング、市販のお総菜、冷凍食品、インスタント食品、ファストフードetc
 
 
低価格商品のほとんどはサラダ油を使用しており、200℃くらいに加熱するとヒドロキシノネナールという”毒”が発生してしまいます。
 
 
とはいえすべて避けるのは難しい。そして人生が楽しくない。
 
 
キャノーラ油から他の油に変えることも有効ですが、話が長くなるのでまた別の機会に。
 
 
体内に”毒”をためない手助けをしてくれるもの・・・
 
 
 
 
「酢酸菌」の入った濁り酢がお勧め。
 
 
 
 
さきほどのALDH2に匹敵する能力があり、毒の分解を手助けしてくれるといわれています。
 
 
 
 
酢酸菌
 
 
 
 
※よく見かける食用酢は、酢酸菌が取り除かれています。
 
 
お酒飲めないひと、油っこいものをよく食べたり、お酒をたくさん飲む人もぜひお試しください。
 
 
ネットで検索すると、脂質異常や糖尿、アルツハイマーに関係する情報もたくさん出てくると思います。
 
 
参考リンク↓
 
サラダ油の危険

こんにちは木村です。
 
 
 
 
日常で困っていること、世の中こんな風だったらいいのに・・・
 
 
生きにくさを感じたり、悩みを一人で抱え込んだり、自分の殻に閉じ込められている時・・・
 
 
心の息抜きができる場、相談できる人がない、という声もたくさん耳にはいります。
 
 
繊細さんといわれるHSPの人が安心して話せる場所、分かりあえる安全なスペースをつくりたい。
 
 
 
 
そんな想いから、5月30日にセンサイ会議を開きました。
 
 
 
 

 
 
 
 
初めての試みで私たちもドキドキ、、、
 
 
プライバシー保護のためお写真を掲載できませんが、対面と遠方からはオンラインでの参加形式
 
 
いわゆるハイブリッド
 
 
耳ざわりは良いですが、私って実はアナログ側
 
 
心の中ではヒーハーの連呼。。。
 
 
でも・・・でも・・・まずは無事に終えることができて安心。
 
 
やはり人間は”安心”が大切と自身でも再認識。
 
 
 
 
センサイ会議の立ち上げから進行補助etc
 
 
サポートしてくださった方々にまずは!御礼申し上げます。
 
 
 
 
 
 
今回は、話し合う前に緊張をほぐすために・・・
 
 
感情開放のワークを行い、みんなの緊張度をスローダウン
 
 
その後、各テーマごとの話し合い。
 
 
 
 
・もし魔法使いになったら・・・
 
・日常の困っていること
 
・〇〇すると緊張する
 
・緊張をほぐすためにやっていること
 
 
 
 
 
 
よそよそしい雰囲気で始まり、終わるころにはみんなの表情も和み、トークが終わらない(笑)
 
 
共感したり、自分の思っていることを話したり、自分と違った意見を知ったり。
 
 
感じていること、見えている世界が「ひとり一人違う」ということを改めて認識しました。
 
 
 
 
 
 
《 参加された皆さまのお声を抜粋して 》
 
 
・皆さんの話を聞いて共感できる部分が多く、行って良かった。いろいろ話せて良かった。
 
・センサイ会議に参加してよかった。
 
・いろいろな気持ちを話せて良かった。
 
・自分自身も前に進んでみようと思った。
 
・リラックスする方法をもう少し知りたい。
 
・心理の話や繊細を強みや自信にできるような考え方やお話しも聞いてみたい。
 
 
 
 
行ってよかった、次回も参加したいとのうれしいお声も。
 
 
たくさんのご意見を、また次につなげて行きたいと思います。
 
 
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
 
 
次回の開催は6月。日程が決まりましたら、またこのブログでも告知させていただきます。
 
 
コミュニティが気になる・参加してみたい方はいつでもご相談ください。
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
共感と受容することを大切に、みんなで安心できる環境😊

こんにちは木村です。

 

 

前回コミュニティを始めます!とブログで書きました。

 

 

コミュニティって実際、どんなことをするのか?

 

 

どんな意味があるのか、疑問に思う方も多いと思います。

 

 

どこか生きづらさを感じたり、人とのコミュニケーションが苦手、心身の不調、いろいろな不安があるetc・・・

 

 

自分や子ども、そして家族の悩みなど、生きているうちは悩みはつきませんよね。

 

 

私自身もこれでよいのか?不安になることだってあります。

 

 

そんなとき大丈夫だと思える「つながり」を持つことって大切だと考えています。

 

 

これがあるかどうかで、心の余裕が生まれます。

 

 

だからこそ、いつでも繊細さんが気軽に話せるスペースをつくりたい。

 

 

そんな想いから「センサイ会議」を作りました。

 

 

日常生活で困っていることや、世の中こんな風だったらいいのに・・・

 

 

一人で抱え込んでいる方って、なかなか息抜きできる場がない、という声もたくさん耳にはいります。

 

 

気兼ねなく話せて、ホっと肩の荷をおろして安心できる居場所したい。

 

 

自分のことは話さず、その場にいるだけでも良いと思います。

 

 

でも、クスッと笑えるような90分のお話会

 

 

年齢・性別も関係なく、不安なこと、気になること何でも話せる場所に出来たらいいなと思っています。

 

 

番外編として様々な分野で、活躍されている講師をゲストでお招きすることも計画中です。

 

 

 

 

 

 

毎月、定期的に開催したいと考えています。

 

 

きっと私も緊張すると思います(笑)

 

 

だからこそ誰でも安心できる場を作りたいと思っています。

 

 

 

・日時:5月30日(火)AM10時~11時30分

 

・場所:新潟CBS整体wat51(残り1名さま、ご参加いただけます

 

・対面またはオンライン(Zoom)参加も可能です。

 

・参加費500円(当院のご相談者さまは無料)

 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはスタッフ岩ちゃんです^^

 

 

もしも、隣に「ドラえもん」がいて過去に戻れるなら・・・

 

 

小学校時代の給食の時間へタイムトリップ

 

 

 

 

骨折

 

 

 

牛乳が苦手でいつも飲みきれませんでした。

 

 

周りのみんなは、食べ終わって休み時間に突入。

 

 

牛乳を飲み終わるまで動けない、お地蔵様なワタシ。。。

 

 

お腹いっぱいで飲めずに焦り、いつも半べそ状態でした。

 

 

 

 

そんな過去の自分に送りたい言葉があります。

 

 

「残してもいいんだよ」

 

 

無理しなくていいんだよ。

 

 

飲めないと言える勇気を優しく送りたい。

 

 

 

 

200㏄ 瓶の牛乳を見ると学校の給食を思い出します。

 

 

HSP

 

 

丸いふたをとるのに失敗して薄皮一枚になったり、コーヒー味の粉をぶちまけたり。。。

 

 

紙パックの牛乳では、ちっちゃく折りたたむことが上手くなったり(特技)

 

 

思い出は色々ありました。

 

 

 

 

 

古くから学校給食の定番である牛乳

 

 

カルシウムや栄養補給に欠かせない存在。

 

 

「骨に良い・身長が伸びる・身体が丈夫になる」そんな事が言われていました。

 

 

 

最近、久しぶりに飲んでみました。

 

 

しかし、、、何故なのか!?お腹の調子が悪くなる。

 

 

なぜだろう?

 

 

 

 

なぜ

 

 

 

牛乳が合わない理由を調べました。

 

 

皆さんとシェアしたいと思います。

 

 

 

牛乳は牛の乳から出る母乳です。

 

 

 

 

人間の赤ちゃんは1ヶ月で大体500g~1kgくらい体重が増えるのに対して、子牛は1日1キロ

 

 

まさにワイルドスピード。

 

 

牛乳の成分に含まれる蛋白質も母乳と牛乳では違います。

 

 

牛乳は8割がカゼインに対して人の母乳は6割ホエイなんだそうです。

 

 

そのカゼインのなかで50%をしめるαカゼインが、どうやら私たち人間は消化できないらしい。

 

 

それともう一つ、牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)の問題です。

 

 

私たちは、乳児期を過ぎると乳糖(ラクトース)を消化する酵素が減っていくそうです。

 

 

結果として消化不良を起こしやすくなり、お腹がグルグルになるんですね~納得。

 

 

 

牛乳は、料理などたくさん活用方法があるので、健康のためというより嗜好品としていただく方がよいみたいですね。

 

 

 

 

 

 

新生児は、腎臓に負担がかかるのでNGと言われるくらいです。

 

 

もちろん牛乳をたくさん飲んでも大丈夫な人もいますが、個人差があります。

 

 

お腹を下しやすい、ガス腹になりやすいタイプの方は、控えてみても良いかもしれません。

 

 

何事もバランスとタイミングですね。

 

 

 

 

 

 

 

すっかり春になりした。

 

 

我が家にも「こしあぶら」が実りました。

 

 

当初は、祖父が残した大きめの木だと思っていました。

 

 

山菜である「こしあぶら」だよ、親切なお隣さんが教えてくれました。

 

 

自宅に山菜の木があることを知った四七歳の春。

 

 

こしあぶら・・・多すぎて食べきれませんでした。飽きた。

 

 

春と言えばたけのこも美味しい季節。

 

 

先日はご相談者さまからあく抜き用にぬかも添えて、大きなたけのこを頂きました。

 

 

 

 

炊き込みご飯、煮物、色々とアレンジして日本酒のアテにして食べたいと思います。

 

 

 

 

 

 

また別の日にもお菓子の詰め合わせを頂きました。

 

 

無添加のおせんべい、わさび味のお煎餅、色んな味があり美味しかったです。

 

 

さりげない差し入れって嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

さらに別の日には日本酒を頂きました。

 

 

 

年に一度、冬季だけ蔵出しされる“梅酒×にごり生酒”のブレンド。

 

 

水やソーダなどで割らず、冷やして一献。

 

 

味わい深く美味し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてある日、郵便物が届きました。

 

 

宇宙おにぎり・宇宙グミ・さとうきび糖

 

 

友人からの心遣いでした。

 

 

宇宙シリーズとサトウキビ、珍しいお土産に驚きしましたが、種子島は宇宙センターがあることから、宇宙に1番近い島と言われているんだそうです。

 

 

種子島出身である友人のさりげない差し入れ。

 

 

気遣ってくれる気持ちが嬉しいですね。

 

 

私たちもつながりを大切にしながら歩みたいと思います。